カンチャナブリ観光列車

カンチャナブリーの観光/モデルコース

バンコク発!カンチャナブリーへ鉄道でアクセス!観光スポット、戦跡などモデルコース(タイ)

映画「戦場にかかける橋(THE BRIDGE ON THE RIVER KWAI)」のモデルになった橋「クワイ河橋(Kwai River Bridge)」の所在地がカンチャナブリーです。 日本軍が軍事上の物資を運ぶために、多くの犠牲者をだ...
アユタヤの観光/モデルコース

カンチャナブリーからアユタヤへバスで移動(タイ)

カンチャナブリーで「泰麺鉄道ゆかりの地」めぐりをし、タイの古都「アユタヤ」へ向います。 1.カンチャナブリーからアユタヤへ直で行くバスありました! カンチャナブリー⇔アユタヤは、ともに観光地なので、直で足がありそうです。 「地球の...
カンチャナブリーの観光/モデルコース

泰緬鉄道博物館と連合軍共同墓地(タイ)/Thailand Burma Railway Centre/The kancbanaburi Allied War Cemetery(Thailand)

JEATH戦争博物館をあとにして「泰緬鉄道博物館」へ。 タイの官公庁や、市町村の公式サイトをみると「Thailand Burma Railway Centre」と表記されております。 けれども、実際の博物館には「Death Railway...
カンチャナブリーの観光/モデルコース

JEATH戦争博物館 (タイ)/The JEATH War Museum(Thailand)

この日は、カンチャナブリー最終日。 午前中は、レンタル自転車でカンチャナブリー駅周辺の、泰麺鉄道ゆかりの地をまわり、午後からアユタヤに移動するのです。 レンタル自転車屋さんに行く途中の、たまご屋さんには「看板猫さん」がいらっしゃいました。...
カンチャナブリーの観光/モデルコース

チョンカイ共同墓地(タイ)/The Chong-Kai War Cemetery(Thailand)

ヘルファイア・パス メモリアルで、かなり凹んだあとに、レンタルバイクでカンチャナブリーに戻ってきました。 せめて亡くなった方たちを弔おうと、と連合軍墓地「チョンカイ共同墓地」へ向いました。 カンチャナブリーには連合軍の方たちの墓地が...
カンチャナブリーの観光/モデルコース

ヘルファイア・パス メモリアル(タイ)/ Hellfire Pass Memorial (Thailand)

「カンチャナブリー慰霊塔」「クウェー川鉄橋」と旧泰麺鉄道ゆかりの地をたどり、次はカンチャナブリーから80kmほど北上したところにある「ヘルファイア・パス メモリアル」へレンタルバイクで向います。 (→タイをレンタルバイクで旅する方法) ...
カンチャナブリーの観光/モデルコース

クウェー川鉄橋【昼編】(タイ)/The Bridge Over River Kwai(Thailand)

映画「戦場にかける橋(▼予告編)」の舞台とされた「クウェー川鉄橋」 前日は、電車(旧泰麺鉄道)に乗ってクウェー川鉄橋を渡ったのですが、この日は歩いて渡ることにしました。 第二次世界大戦中には、補給をするため、あるいは補給を断...
カンチャナブリーの観光/モデルコース

カンチャナブリー慰霊塔(タイ)/Kanchanaburi Memorial Monument(Thailand)

第二次世界大戦中に、ビルマ戦線への輸送のために建設された「泰麺鉄道」は、多くの犠牲者をだしました。 その霊を慰めるために、昭和19年2月に日本軍鉄道隊が建てたのが「カンチャナブリー慰霊塔」です。 タイ国日本人会が管理している...
カンチャナブリーの観光/モデルコース

クウェー川鉄橋フェスティバル(タイ)/River Kwai Bridge Festival(Thailand)

きっかけは、カンチャナブリ駅に停車していた(そして試運転していた)SLでした。 「何故、日の丸?」と思っていたら、写真を撮影していた大人の日本男子たちが教えてくれました。 あのSL(C5615)は、戦前に日本でつくられたもので、...
カンチャナブリーの観光/モデルコース

泰緬鉄道の旅(タイ)/Thai-Burma Railway (Death Railway) Thailand

予定時刻より、遅れてナムトック駅行きの電車は出発しました。 始発駅ということもあり、窓側の席をキープできました(* ̄∇ ̄*) 電車内は、クーラーではなく、扇風機がまわっていて。 窓が途中までしか開かなかったり(斜めになって...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました