チャガルチや南浦洞を夜に観光!屋台でご飯食べました

夜のBIFF広場で、元祖シアホットックをいただく 東南アジア/Southeast Asia

松島スカイウォークから、バスでチャガルチまで戻ってきました。
みんなのそらにご飯を食べさせてくれる市場、屋台を探し、夜のチャガルチ、南浦洞を約1時間観光しました。

1.チャガルチ市場の屋上から、夜景見学

チャガルチ市場の屋上から、夜景見学
本日の営業を終了したお店を横目に、チャガルチ市場の屋上にある展望台に登ります。

海、チャガルチ市場と眺めた、建物の右側にあるエレベーターで7階まであがり。

チャガルチ市場の屋上から、夜景見学
7階からは、階段で屋上へ。
※チャガルチの展望台には、昼間にも行き、その時に撮影したので妙に明るい。

チャガルチ市場の屋上から、夜景見学
釜山港と橋と、下から見上げる逆夜景を一人占めできました( ̄▽+ ̄*)
21:00くらいまでやっているようなので、夜にチャガルチに行くなら、訪ねてみては?

2.夜のBIFF広場で、元祖シアホットックをいただく

夜のBIFF広場で、元祖シアホットックをいただく
「BIFF広場」の「BIFF」が「BUSAN International File Festeval」の略だ!とついさっき気がついたみんなのそらです。

夜のBIFF広場で、元祖シアホットックをいただく
屋台がずらっとならんでいるだけで、大喜び。
釜山は、最先端と昔ながらの風景とが共存しています。

夜のBIFF広場で、元祖シアホットックをいただく
もしやこれは、釜山名物の屋台スイーツ「シアホットック」では?
しかも、地球の歩き方に載っていた「スンギ元祖シアホットック」です。

夜のBIFF広場で、元祖シアホットックをいただく
さっそく行列にならび、アッツアツのシアホットックをゲットしました( ̄m ̄*)
ナッツ類の香ばしさと、もっちもちの生地と、熱さとが絶妙な触感を奏でます。
列んででも食べる価値ありでしょ。

3.夜のチャガルチ、南浦洞!屋台街をプラプラと

夜のチャガルチ、南浦洞!屋台街をプラプラと
路地をのぞくと、ハングルの看板がはりだしています。
読めませんが、テンションがあがります。

夜のチャガルチ、南浦洞!屋台街をプラプラと
このように、道のど真ん中に屋台が出店しておりますが・・・

夜のチャガルチ、南浦洞!屋台街をプラプラと
メニューがハングル、韓国語のみなので、注文ができそうもありません。
観光客というより、釜山の地元の方のための屋台なのでしょうね。。。

4.富平市場の夜市!夕飯は屋台のチヂミ

富平市場の夜市!夕飯は屋台のチヂミ
ハングルのネオンにときめき、屋台のハングルのメニューに涙しながら、富平市場の夜市にやってきました。
このあたりの屋台は、英語どころか、日本語対応してくれています。

シアホットックを食べたので、軽食を物色していたら、商売上手な屋台のお母さんに銀色のはしを渡されヽ( ̄ー ̄ )ノ

富平市場の夜市!夕飯は屋台のチヂミ
流れにのって、チヂミをいただくこととなりました。
ニラがシャキシャキ、生地には味つき。

気がつけば朝から毎食「ニラ」を食べておりまして。
45年生きてきて、今まで一番ニラを食べた1日でした。

約1時間で、これだけ夜のチャガルチ、南浦洞を楽しめました。
女のひとり旅でも危険を感じることはありませんでした。
ぜひとも、夜のチャガルチ、南浦洞を散策してみてくださいませ。

▼夜の釜山3時間コース

釜山(南浦洞)夜の観光!3時間モデルコースになるかな?
16:55にチェジュ航空で、成田→釜山/金海空港に到着。 リムジンバスで、19:00頃に南浦洞に到着後、 宿泊先の「Kゲストハウスプレミアム ナンポー1(K-GUESTHOUSE Premium Nampo 1)」にチェックインしまして...

▼釜山タワーの訪問記

釜山タワー(龍頭山公園)の、夜景と景色を写真で解説( ̄^ ̄)ゞ
2019年11月に、LCCチェジュ航空に乗り(→搭乗記)、釜山を旅してきました。 釜山のシンボル「釜山タワー」のある、釜山市民憩いの場「龍頭山公園」に夜と昼と2回訪れたので、夜景や景色を写真つきでシェアします。 1.釜山タワー(龍頭...

▼松島ウォークの行き方と夜景

松島スカイウォークにバスでアクセス!ケーブルカーなど夜景を満喫
釜山の新しい観光スポット:松島に、下記がオープンしました。 2016年に松島スカイウォーク(韓国語:송도해수욕장 스카이워크) 2017年に松島ケーブルカー(韓国語:송도해상케이블카) 南浦洞、チャガルチなど釜山中心部...

6.釜山の夜を満喫するなら!現地オプショナルツアーも

ガイドブックやネットの情報を調べ、旅のスケジュールを立てるのは楽しいものです。
とは言え、

  • 公共交通機関では行けない場所が・・・
  • 観光スポットの見逃しがあったら?
  • バスや地下鉄の乗換はうまくできる?

など不安もつきものです。

そんなあなたにおすすめなのが、現地オプショナルツアーです。
みんなのそらも、べトナム、タイで参加させてもらいました。
「ツアー」と言っても、修学旅行のように団体行動になることはなく、こじんまりとした集団行動でした。

▼コースを考える上でも一読の価値ありです。
【VELTRA】釜山(プサン)市内観光ツアー/ナイトツアー・夜景ツアー

7.【地図】釜山旅の地図

タイトルとURLをコピーしました