チャガルチから甘川文化村へバスで移動!滞在時間約2時間で、南浦洞に帰ってきたよ

チャガルチから甘川文化村へバスで移動!滞在時間約2時間で、南浦洞に帰ってきたよ 東南アジア/Southeast Asia

はじめての釜山旅で、ぜひとも訪問したかったのが「甘川文化村」です。
朝鮮戦争のときに、戦災を逃れてきた方たちがバラックを建て、生活をはじめたそうな。
釜山のマチュピチュとも言われる、斜面にならぶおうちたちを眺めるために、バスに揺られ甘川文化村を訪問しました。

1.南浦洞→チャガルチ1番出口のバス停から「2番マウルバス」に乗って、甘川文化村にアクセス

南浦洞→チャガルチ1番出口のバス停から「2番マウルバス」に乗って、甘川文化村にアクセス
南浦洞にあるゲストハウス「Kゲストハウスプレミアム ナンポー1(K-GUESTHOUSE Premium Nampo 1)」を出発して、歩いてチャガルチ駅周辺へ。

チャガルチ駅1番出口のバス停から

  • 1-1
  • 2
  • 2-2

のどれかに乗って、Googleマップで現在地と、甘川文化村の観光案内所(←バス停のそばにある)を確認していればたどり着けるでしょう♪と雑な計画を立てておりました。

バス停の写真を撮影する間もなく「甘川文化村」と車体に文字がはいった「2番のマウルバス(小型のバス)」がやってきまして。
「2番マウルバス」は、目指すバス停「감청초등학교/감천문화마을(カムチョンチョドン ハッキョ/カムチョン ムンファ マウル):甘川小学校/甘川文化村」が終着となる唯一のバスです。
これを逃してなるものか!と乗り込みました。

南浦洞→チャガルチ1番出口のバス停から「2番マウルバス」に乗って、甘川文化村にアクセス
そして、無事に「甘川文化村」に到着しましたとさ。
バスは、Google先生曰く7分に1本あります。
降り逃すのが心配なら「2番マウルバス」を待ってもよいでしょう( ̄ー ̄)o゛

右側に写っているのが、降りた停留場です。
停留場を進行方向を右に曲がり、まずは観光案内所を目指します。
※観光案内所を目指さなくても、右側が甘川文化村です。

2.甘川文化村の観光案内所で地図(有料)をゲットしましょう

甘川文化村の観光案内所で地図(有料)をゲットしましょう
甘川文化村を訪問したブロガーさんがおすすめしていた、地図をゲットしました。
主要なアート作品を鑑賞しながら、スタンプラリーができ、絵はがきがもらえるという企画です。

モデルコースは全3種類で所要時間が、それぞれ

  • 40分
  • 1時間20分
  • 2時間

の「甘川のじいさんが教えてくれるお得コース」です。
みんなのそらは、せっかくなので最長2時間コース(途中でシュートカットをします)を歩くことにしました。

▼韓服に憧れるなら!手頃な価格でレンタルできます

【チマチョゴリ体験】チョルスとヨンヒ・韓服(ハンボッ)体験:釜山(プサン)
釜山(プサン)で楽しむ韓服(ハンボッ/ハンボク/チマチョゴリ)体験!韓服レンタル店「チョルスとヨンヒ」は人気の甘川文化村(カムチョンムナマウル)の入口にあり、散策前のお着替えに最適です。リーズナブルな価格で質の高い韓服姿に着替えて、プロのカメラマンによるSNS映えする写真を撮影しませんか?

3.甘川文化村を一望!ハルヌマル展望台

甘川文化村を一望!ハルヌマル展望台
さまざまなオブジェを楽しみつつ
甘川文化村を一望!ハルヌマル展望台
路地を抜けて「ハルヌマル展望台」へ。
※甘川文化村の主要地は、下の地図に盛り込みました。該当部分をアップにしてくださいませ。

甘川文化村を一望!ハルヌマル展望台
「甘川文化村」が一望できます。
戦争の混乱の中で、スラム化せずに、採光や、風通しに配慮しつつ、秩序ある街並になったのが凄いですよね。

甘川文化村を一望!ハルヌマル展望台
甘川文化村の絶景を楽しみつつ、お茶できるカフェが何箇所かあるので、ひと休みしてもよいでしょう。

4.甘川文化村と言えば!星の王子さまが大人気

甘川文化村と言えば!星の王子さまが大人気
甘川文化村の写真映えスポットと言えば!星の王子様とキツネさんです。
ハルヌマル展望台を超える!甘川文化村イチの大人気スポットなので、王子様との記念撮影は、行列する覚悟で。

5.海フォトゾーンから甘川文化村を一望し、住宅街へ

海フォトゾーンから甘川文化村を一望し、住宅街へ
「海フォトゾーン」と言うのがありましたが、海より甘川文化村を向いた写真のほうが気に入りました。

海フォトゾーンから甘川文化村を一望し、住宅街へ
海フォトゾーンから10分くらい経過。
このあたりから、ひとのおうちの真ん前を歩くコースになるので、あまり写真がありません。
海フォトゾーンから甘川文化村を一望し、住宅街へ
マンホールがかわいらしかったので、パチリと。

6.旧銭湯!カムネオウルト

旧銭湯!カムネオウルト
今はコミュニティーセンターになっているカムネオウルトにやってきました。
番台のおかあさんが、きもちよさげにうたた寝してました。

旧銭湯!カムネオウルト
おじいちゃんが、気持ちよさげに入浴しており。
のぞいてしまって、ごめんなさい。。。

7.17番バスで、甘川文化村から南浦洞へ戻ってきました

17番バスで、甘川文化村から南浦洞へ戻ってきました
今から思えば、ここから道を間違えまして。
甘川2洞伝統市場というローカル市場で、何かを買い食いするはずでしたが・・・

17番バスで、甘川文化村から南浦洞へ戻ってきました
太極堂本部にでてしまい
路面の案内にしたがい、17番バス乗り場へ導かれました。

17番バスで、甘川文化村から南浦洞へ戻ってきました
ガイドブックや、ブログで「甘川文化村へは17番バスにのって終点」と行き方が紹介されている場合があります。
それは、嘘ではありませんし、たどり着けます。
ただ、星の王子さまなど、メインとなるエリアからは比較的遠く、上り坂になります。

特に希望がなければ、
チャガルチ駅、土城駅(同じバスが、両方の駅を通過します)のバス停から

  • 1-1
  • 2
  • 2-2

に乗ることをおすすめします。

8.甘川文化村含む!釜山の観光スポットを効率よく廻るなら

釜山の観光スポットは、自力でも廻れますが、より効率よく、ロスなく!と言うならば、現地オプショナルツアーをおすすめします。

▼VELTRA

甘川文化村(釜山のマチュピチュ) (釜山(プサン)市内観光ツアー) | 釜山(プサン)の観光・ツアーの予約 VELTRA(ベルトラ)
釜山は山に囲まれた港町なので、山の斜面に多くの家が建てられています。このような山の斜面にある路地集落の一つが、甘川洞文化村(カムチョンドンムナマウル)です。釜山のマチュピチュと呼ばれる観光スポットとなっています。遠くからカラフルな色で塗られた家屋が、山肌にぎっしりと立ち並ぶのが見えます。入り組んだ路地で形成されている集...

▼KKday

【韓国】釜山(プサン)1日ツアー:金海サイクリング&ワイン洞窟・甘川文化村・松島スカイウォーク・BIFF広場(南浦洞)
山と海の両方が楽しめる釜山(プサン)1日ツアー。鉄橋の上を進むサイクリング体験や海上散歩が楽しめる松島スカイウォーク、韓国のマチュピチュと呼ばれる甘川(カムチョン)文化村といった人気のスポットへご案内します。ツアーの最後には定番の国際市場(クッチェシジャン)をご散策ください。

9.甘川文化村含む!釜山旅の地図

タイトルとURLをコピーしました