釜山(南浦洞)夜の観光!3時間モデルコースになるかな?

釜山(南浦洞)夜の観光!3時間モデルコースになるかな? 東南アジア/Southeast Asia

16:55にチェジュ航空で、成田→釜山/金海空港に到着。
リムジンバスで、19:00頃に南浦洞に到着後
宿泊先の「Kゲストハウスプレミアム ナンポー1(K-GUESTHOUSE Premium Nampo 1)」にチェックインしまして。

19:30過ぎから、夜の釜山(主に南浦洞)に繰り出し、約3時間、食事と観光とを楽しみました。
モデルコースになるか?分かりませんが、釜山(南浦洞)を旅するあなたのお役にたてれば嬉しいです。

0.宿泊先のゲストハウスの屋上から、釜山の夜景を見学

宿泊先のゲストハウスの屋上から、釜山の夜景を見学
今回2泊させてもらった宿泊先「Kゲストハウスプレミアム ナンポー1(K-GUESTHOUSE Premium Nampo 1)」は、地下鉄「南浦駅」から徒歩5分くらいに立地しています。

宿泊先のゲストハウスの屋上から、釜山の夜景を見学
屋上からは釜山の「逆夜景」が眺められます。
すり鉢のように、海から斜面に広がる街の灯りがキラキラしています。
学生時代に過ごした神戸に似ていて、はじめて釜山にくるのに、懐かしい感じがします。

宿泊先のゲストハウスの屋上から、釜山の夜景を見学
何車線にもつらなる道路が、張り巡らされている大都会です。

1.南浦洞に停車中のバイクはぴかぴかでした

南浦洞に停車中のバイクはぴかぴかでした
釜山名物「ミルミョン」の名店:ハルメ カヤ ミルミョンを目指して、夜の南浦洞を歩きます。
ネオンがたんぽぽの綿だった件。

南浦洞に停車中のバイクはぴかぴかでした
歩道の車道側には、オートバイがあちこちに停車中。
バイクと言うバイクが全部、ぴっかぴか!ベスパ率高いです。
おしゃれです。

2.釜山名物!ミルミョンを食す。サイレントモードで

釜山名物!ミルミョンを食す。サイレントモードで
お店の看板に日本語があったので、いろんな意味で安心して入店したところ、壁に貼ってあったメニューはハングルのみの表記でして。
固まっていたら、お店のお母さんが「(注文は)ミルミョン(かい)?」と声をかけてくれ。
「yes!ミルミョン」と注文することができました(* ̄ー ̄*)

釜山名物!ミルミョンを食す。サイレントモードで
きましたミルミョン。
漬物と一緒にキッチンバサミがでてきて、セルフで食べるのでしょう、はわかっても、ちょっとびっくり。
麺にはコシがあって、つるつるとしていてのどごしがよいことと言ったら。

ずずっとおいしくいただいていたのですが、近くのロコさん(だと思われる)たちは、音をたてずに食べており。
サイレントモードに切替、音をたてずにミルミョンを食べました。

釜山名物!ミルミョンを食す。サイレントモードで
お店の前には、壁画アートと、バイクが。
般若(韓服着てるみたいですし)が韓国にもいるのですね。

バイクは恐らく韓国製なのか、見たことのないメーカー。
斜面の細い道を登るには、バイクがちょうどいいのでしょう。

3.釜山のランドマーク!釜山タワー(龍頭山公園)に登る

釜山タワー(龍頭山公園)へのアクセス
光復路からエスカレーターで龍頭山公園へ向かいます。

釜山タワー(龍頭山公園)の、夜景と景色を写真で解説( ̄^ ̄)ゞ
龍頭山公園内には、韓国、日本ゆかりの鐘、銅像があるので、出かける前にひととおり学んでおいてもよいでしょう。

釜山タワーの展望台に登ったよ
釜山タワーに登ると、リアルな夜景と、何分ごとかに「ウィンドウマッピングショー」とが楽しめます。
韓国は、こうした技術系が発達してます。

▼もっと詳しく!釜山タワー(龍頭山公園)

釜山タワー(龍頭山公園)の、夜景と景色を写真で解説( ̄^ ̄)ゞ
2019年11月に、LCCチェジュ航空に乗り(→搭乗記)、釜山を旅してきました。 釜山のシンボル「釜山タワー」のある、釜山市民憩いの場「龍頭山公園」に夜と昼と2回訪れたので、夜景や景色を写真つきでシェアします。 1.釜山タワー(龍頭...

4.海辺を散策しながらチャガルチ市場(←この時間にはやっていません)へ

海辺を散策しながらチャガルチ市場(←この時間にはやっていません)へ
影島大橋の手前から海辺へ降り、散策を。
朝鮮戦争のときに、戦災から逃れ、釜山にたどり着いた方達の像でしょう。
斜面にバラックを建て、何とか生きのびたようです。

小学校、中学校の歴史では「日本は朝鮮戦争の特需で復興した」と習いました。
それは事実でしょう。
一方で、朝鮮戦争で辛酸を嘗めた方がいらしたことを知るべきですよね。

海辺を散策しながらチャガルチ市場(←この時間にはやっていません)へ
釜山タワーと言った、高いところから見下ろす夜景のみならず、海辺から見上げる夜景もすてきです。

海辺を散策しながらチャガルチ市場(←この時間にはやっていません)へ
夜のチャガルチ市場と、海鮮屋さん
チャガルチ市場はもちろん閉まっており。
20:00を過ぎると、海鮮やさんも閉店準備中な感じでした。

5.コンビニ「CU」では、日本製ビールが売っていました

コンビニ「CU」では、日本製ビールが売っていました
ミルミョン屋さんでビールを注文できなかったので(←お酒類を置いてあるのか、分かりません)コンビニ「CU」で、ビールなどをチェック。
「NO JAPAN」「日本製品非買運動」などと日本では報道されておりますが、みんなのそらがはいったお店では日本製品の取扱がありました。

コンビニ「CU」では、日本製ビールが売っていました
アサヒ、プレモルなんて日本でいつでも飲めますもの。
恐らく韓国製と思われる左上のくじらさん(HAPPOUSYU/発泡酒、は韓日共通語?)と象さんに惹かれ、購入することに。
味はあまり覚えていませんが、ジャケ買いしたから、それでよし!としました。

6.【観光】釜山(南浦洞)の夜観光!3時間半モデルコースになるかな?

いろいろ言われることの多い韓国ですが・・・
女の一人旅でも、夜の22:00過ぎに出歩いても。危険を感じることはありませんでした。
よっぽど真夜中に観光をするのでなければ、治安を心配しなくてもよいかと思います。

7.釜山の夜を満喫するなら!現地オプショナルツアーも

ガイドブックやネットの情報を調べ、旅のスケジュールを立てるのは楽しいものです。
とは言え、

  • 公共交通機関では行けない場所が・・・
  • 観光スポットの見逃しがあったら?
  • バスや地下鉄の乗換はうまくできる?

など不安もつきものです。

そんなあなたにおすすめなのが、現地オプショナルツアーです。
みんなのそらも、べトナム、タイで参加させてもらいました。
「ツアー」と言っても、修学旅行のように団体行動になることはなく、こじんまりとした集団行動でした。

▼コースを考える上でも一読の価値ありです。
【VELTRA】釜山(プサン)市内観光ツアー/ナイトツアー・夜景ツアー

8.【地図】釜山旅で訪れた観光スポット

タイトルとURLをコピーしました