釜山タワー(龍頭山公園)の、夜景と景色を写真で解説( ̄^ ̄)ゞ

釜山タワー(龍頭山公園)の、夜景と景色を写真で解説( ̄^ ̄)ゞ 東南アジア/Southeast Asia

2019年11月に、LCCチェジュ航空に乗り(→搭乗記)、釜山を旅してきました。
釜山のシンボル「釜山タワー」のある、釜山市民憩いの場「龍頭山公園」に夜と昼と2回訪れたので、夜景や景色を写真つきでシェアします。

1.釜山タワー(龍頭山公園)へのアクセス

釜山タワー(龍頭山公園)へのアクセス
地下鉄1号線の「南浦駅」1、3番出口徒歩5分。
光復路からエスカレーターで龍頭山公園へ向かいましょう。

釜山タワーは、釜山のどこにいても目につくランドマークです。
見えるまま近づいていくと、たどり着けます。

釜山タワー(龍頭山公園)へのアクセス
エスカレーターの覆うアーケードにもいろいろな仕掛けがあって、楽しめます。
お気づきでしょうが、エスカレーターは上がりのみしかありません。
帰りは階段になりますので、体力を残しておきましょう。

2.龍頭山公園!日本ゆかり碑や像を見ておきましょう

龍頭山公園!日本ゆかり碑や像を見ておきましょう
韓国と日本とは、昔から縁がありまして。
龍頭山公園には、日本と関係する(もちろん、関係ないものも)碑や像があります。

2-1.市民の鐘(右奥)

市民の鐘(右奥)
釜山市民10万人の寄付によって、1996年に作られた鐘です。
毎年3月1日の独立運動記念日(←1919年3月1日に、日本統治時代の朝鮮半島で発生した大日本帝国からの独立運動の記念日)と大晦日には、釜山の街に鐘の音が響くそうな。

2-2.花時計

花時計
これは、日本と関係ありません。
1973年に作られ(たぶん、みんなのそらと同じ学年)、韓国にある18の花時計のうち、唯一秒針のあるんだって。

2-3.李舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像

李舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像
かの豊臣秀吉が、朝鮮半島に攻め込んだ文禄・慶長の役の時の朝鮮王朝側の将軍で、歴史的英雄です。
豊臣秀吉は、日本では農民からのしあがった天下人として知られておりますが、韓国の方からみると「日本からきた最初の侵略者」と見られているようです。

2-4.八角亭

八角亭
バーガーショップやカフェです。
釜山の絶景を眺めながら、お茶をしてもよいでしょう。

八角亭
八角亭の横にあったエレベーターで3階に上がってみた景色。
コンビニ(写真の右側)があって、ビール(←日本製アサヒもありました)などのアルコールも売っています。
ベンチなど腰掛ける場所がたくさんあったので、夜景を眺めつつ、軽くいっぱいも楽しめるでしょう。

3.釜山タワーの展望台に登ったよ

3-1.釜山タワーの展望台では、リアルな夜景と、仮想現実のコラボが

釜山タワーの展望台に登ったよ
いよいよ118mの釜山タワーの展望台に登ります(有料/大人8,000W)。

釜山タワーの展望台に登ったよ
エレベーター内の映像に見とれていると、あっという間に展望台に到着しました。
ガラス越しなので、あまり写真がキレイに撮れておりませんが、肉眼でみると絶景です。
釜山タワーの展望台に登ったよ
何分ごとかに「ウィンドウマッピングショー」が楽しめます。
釜山の実際の風景に、花火などが映えます。

3-2.釜山タワーは、展望台だけじゃない!写真撮影スポットが満載

釜山タワーは、展望台だけじゃない!写真撮影スポットが満載
展望台以外にも釜山タワーは、撮影スポットがたくさんありまして。
市場の台車に乗ってみたり

釜山タワーは、展望台だけじゃない!写真撮影スポットが満載
輝く釜山を背景に記念撮影ができます。

釜山タワーは、展望台だけじゃない!写真撮影スポットが満載
外には恰幅のよい猫さんもいたので、何とか釜山タワー記念になる写真を撮りました。

帰りは先ほどのエスカレーターの両脇にあった階段で、南浦洞まで帰ってきました。
いろいろ言われることのある韓国ですが、女の一人旅で夜22:30くらいまで出歩いても身の危険を感じることはありませんでした。

4.昼の釜山タワー(龍頭山公園)を再訪問

昼の釜山タワー(龍頭山公園)を再訪問
甘川文化村、釜山近代歴史館を観光し、影島大橋の開橋まで時間があったので、龍頭山公園を再訪問しました。
今後は、北側からアプローチしました。

昼の釜山タワー(龍頭山公園)を再訪問
このような、漢字が刻まれ崩れた石碑をいくつか見かけまして。
みんなのそらが調べた範囲では、かっては日本式の神社が龍頭山公園にあったそうです。
その残骸かも知れません。

昼の釜山タワー(龍頭山公園)を再訪問
昼間見ても、なかなか爽快です。

昼の釜山タワー(龍頭山公園)を再訪問
時間が許せば、昼と夜と両方訪問することをおすすめします( ̄ー ̄)o゛

5.現地オプショナルツアーで予約すれば、釜山タワーにお得に入場できるかも?

釜山から帰国してから見つけました。
現地オプショナルツアーサイト経由で、電子チケットを事前にゲットしておくと、釜山タワー(大人8,000w)にお得に入場できます。
他にも、wifiなど釜山旅をお得に楽しめるプランがあるので、出発前に確認をしておきましょう。

【韓国】港町・釜山の景色を一望 釜山タワー展望台入場チケット(龍頭山公園)
釜山のシンボル・釜山タワー展望台入場チケットです。高さ120mのタワーからは360°のパノラマで釜山港、影島(ヨンド)や南浦洞(ナンポドン)ロッテ百貨店など、釜山を代表するスポットがご覧いただけます。日中の海や青空の風景、きらきらと輝く夜景などお好きな釜山の風景をお楽しみください。

釜山タワーは、自力旅初心者さんでも気軽に行くことのできるスポットです。
でも、甘川文化村などもまわりたいし・・・など、あれこれ見たいスポットがある方におすすめなのが、現地オプショナルツアーです。

▼釜山の観光スポットを効率よくまわれます

釜山タワー (観光情報) (観光情報) | 釜山(プサン)観光 VELTRA(ベルトラ)
釜山タワーは、釜山市の中心部に位置する龍頭山公園にあります。この龍頭山公園は、地元の人々の憩いの場でもあり、また、1年を通じて外国人を含め多くの観光客が訪れる観光スポットです。釜山タワーはこの海抜180メートルの位置にある公園に立つ高さ120メートルのタワーで、釜山のランドマークです。市の中央に位置していて、高層ビルな...

6.【地図】釜山タワーを含む観光マップ

タイトルとURLをコピーしました