チェンライ!午後遅から半日観光したコースbyレンタルバイク(タイ)

「ブルーテンプル」でOK!ワット・ロンスアテンは、青かった タイの観光/モデルコース

チェンマイからA-Classのバスで移動し、チェンライに到着したのが【13:18】。
それから、予約していたゲストハウスにチェックインし、レンタルバイクでチェンライ観光にのり出しました。
モデルコースにならないかもしれませんが、観光させてもらったスポットをシェアします( ̄^ ̄)ゞ

1.グランマ ケオ ハウス(Grandma Kaew House)にチェックイン

グランマ ケオ ハウス(Grandma Kaew House)にチェックイン
この日の宿泊先「グランマ ケオ ハウス(Grandma Kaew House)」へ。
チェンライのバスターミナルからも、チェンマイナイトバザールへも、余裕の徒歩圏。
メインストリートから少しはいった住宅街に位置していますが、こうした看板がでているので分かりやすい。

グランマ ケオ ハウス(Grandma Kaew House)にチェックイン
オーナーらしきグランマが、日本を旅したことがあり
「河口湖の桜がキレイだった」
「北海道ではラベンダーを見た」
と話してくれました。

印象に残っているのがお花なんて、風流な方です。

レンタルバイクをゲストハウスで借りることができるので、たいへん便利でした( ̄▽+ ̄*)

▼詳細はこちら
グランマ ケオ ハウス(Grandma Kaew House)

2.ホワイトテンプル!ワット・ロンクーンは、本当に白かった

ホワイトテンプル!ワット・ロンクーンは、本当に白かった

チェックインと、レンタルバイクの手続きを終え、雨が小ぶりになるのを待って、【15:00】頃からチェンライ観光をはじめました。
ホール(エントランス)に貼られていた、おおきなチェンライの観光地図で、作戦をたて、「ワット・ロンクーン」へ。

「ワット・ロンクーン」は、チェンライ出身のアーティスト:チャルーンチャイ・コーシピパット氏が仏教や神話をモチーフにデザインした白亜の寺院。
別名「ホワイトテンプル/White Temple」です。

遠くから見ると、ロマンチックですが・・・

ホワイトテンプル!ワット・ロンクーンは、本当に白かった
近くで見ると、写実的

ホワイトテンプル!ワット・ロンクーンは、本当に白かった
髑髏とか、鉢や助けを求めるような腕だとか、どこででも写真を撮ることに夢中なひとだとか。
高尚さ、闇と俗世間とが混ざり合った小カオス。

ホワイトテンプル!ワット・ロンクーンは、本当に白かった
ひとつひとつのオブジェに、何とも言えない風情があります。

ホワイトテンプル!ワット・ロンクーンは、本当に白かった
日本で言う「絵馬」的なもののタイ版でしょうか?

ホワイトテンプル!ワット・ロンクーンは、本当に白かった
タイのお寺と言えば・・・黄金に輝く建造物もありました。

ホワイトテンプル!ワット・ロンクーンは、本当に白かった
小キレイなショッピングセンターも併設されているので、疲れたらひと休みしましょう。

3.シンハー・パークで、シンハーと記念撮影できるかも?

シンハー・パークで、シンハーと記念撮影できるかも?
「巨大なシンハーがいる」と、宿泊先のグランマにきき、シンハー・パークにやってきました。
シンハーさんは大人気で、ひとが途絶えることがありませんでした。

シンハ―・パークは、東京ドームの約270個分、約12.8平方キロメートルの広々とした敷地をもち、年中様々なお花や果物などを楽しむことができるそうな。

▼詳しくは公式サイトで確認を
http://singhapark.com/index.php/about-us

4.「ブルーテンプル」でOK!ワット・ロンスアテンは、青かった

「ブルーテンプル」でOK!ワット・ロンスアテンは、青かった
ワット・ロンスアテンは、上のホワイトテンプルを建築したチャルーンチャイ・コーシピパット氏の弟子であるスラーノック(プッター・ガープケオ)氏によって建築されたそうな。

「ブルーテンプル」でOK!ワット・ロンスアテンは、青かった
青に緑を合わせる色彩感覚がタイの中でも、独特な気がします。

「ブルーテンプル」でOK!ワット・ロンスアテンは、青かった
入口、本堂のみならず、敷地内のあちこちにいらっしゃる仏さまたちも、青が基調です。

「ブルーテンプル」でOK!ワット・ロンスアテンは、青かった
本堂
手を合わせてから、写真を撮影しています。

「ブルーテンプル」でOK!ワット・ロンスアテンは、青かった
真剣なお顔をしているので、ラブリーと言ったら失礼でしょうか?

「ブルーテンプル」でOK!ワット・ロンスアテンは、青かった
本堂からでるところ
不思議な生き物が、頭に仏像をのせつつ、大きな口を開けていました(* ̄ー ̄*)

ブルーテンプルで最後の写真を撮っているのが【17:56】
それから、宿泊先のグランマ ケオ ハウス(Grandma Kaew House)に戻り、ひと休みしました。

5.チェンライのシンボル!時計塔のショータイムの眺めながらご飯のはずが・・・

チェンライのシンボル!時計塔のショータイムの眺めながらご飯のはずが・・・
グランマ ケオ ハウス(Grandma Kaew House)のグランマに、時計塔がショーをする!と言う話をききまして。
Google先生曰く、宿泊先のグランマ ケオ ハウス(Grandma Kaew House)から、時計塔までは800m/徒歩11分だそうで。

19:30くらいに宿を出発して、時計塔にやってきました。
時計塔、工事中のようですが、ショーをすることができるのでしょうか?

チェンライのシンボル!時計塔のショータイムの眺めながらご飯のはずが・・・
時計塔を眺めることができる絶景ポイントに、お手頃価格の屋台があったので、夕飯をいただくことに。
ショーがはじまったらよいよね、と思っていたのですが・・・

時間になっても、時計塔、うんともすんとも言いません。
工事中で、ショーはお休みだったようですヽ( ̄ー ̄ )ノ

6.チェンライのコインランドリーがお洒落だった件

チェンライのコインランドリーがお洒落だった件
時計塔から、チェンライナイトバザールに移動中にみつけた、タイのコインランドリー
旅の最後で、洗濯するタイミングではなかったのが、悔やまれます。

こんなコインランドリーなら、洗濯するのが楽しみになりそうです。

7.チェンライナイトバザール

チェンライナイトバザール
小規模で、民芸品が多い印象です。

チェンライナイトバザール
座席を囲むような、フードコートがたくさんありました。
明日はここで、チェンライの鍋料理「チムチュム」をいただく!と決めました。

8.チェンライ含む!タイ旅の地図

タイトルとURLをコピーしました