黄金瀑布と工場跡(台湾)/ Golden Waterfall and factory mark(Taiwan)

黄金瀑布と工場跡(台湾)/ Golden Waterfall and factory mark(Taiwan) 台北の観光/モデルコース

九份」「金瓜石」と、金鉱で栄えた町を観光し、さらに奥へとすすみます。
バス(856/891)に乗って10分ほどで「黄金瀑布」へたどりつきました。

黄金瀑布と工場跡(台湾)/ Golden Waterfall and factory mark(Taiwan)

何でも「金瓜石」から流れてきた廃水で、岩がこのような色に染まったそうです。

黄金瀑布と工場跡(台湾)/ Golden Waterfall and factory mark(Taiwan)

トイカメラ風に撮ってみました( ̄^ ̄)ゞ

黄金瀑布のそば日本人が建てた精錬所の跡「十三層遺址」があるときいており、それらしきものを探すと・・・
「工場跡」らしきものが点在しておりました。

黄金瀑布と工場跡(台湾)/ Golden Waterfall and factory mark(Taiwan)

少し手前に看板があったのですが、台湾の言葉で読めずヽ( ̄ー ̄ )ノ

写真の右に映っている廃墟に惹かれたので近くまでいってみることに。

黄金瀑布と工場跡(台湾)/ Golden Waterfall and factory mark(Taiwan)

向かいの山には、尾根にそうように黒くて長くて大きなパイプがはしっていまして。
あとで調べたところ、煙を流すための「煙道」のようです。

「強者どもが夢のあと」なのでしょうが、美しい緑に、黒いパイプが異様な光景をつくっていました。

黄金瀑布と工場跡(台湾)/ Golden Waterfall and factory mark(Taiwan)

上の写真の左側の建物を正面から見るとこんな感じ
そのうち、海風、雨に浸食され、緑にのみこまれ、自然に還っていくのでしょうか?

黄金瀑布と工場跡(台湾)/ Golden Waterfall and factory mark(Taiwan)

右の建物。
上に人がのっているのがわかりますでしょうか?
人が屋根にたてる廃墟!
朽ちつつある今でも圧倒的な存在感を放っています。

そう言えば「十三層遺址」を見にきたのです。
他の方の写真をみると、この廃墟が「十三層遺址」で、管理人は、観光ルートとは別の道でみている気がしました。

黄金瀑布と工場跡(台湾)/ Golden Waterfall and factory mark(Taiwan)

さらに坂道を登っていくと、別の建物が。

黄金瀑布と工場跡(台湾)/ Golden Waterfall and factory mark(Taiwan)

上から加工された原料が落ちてきて、このフロアで何かをする仕組みだったのでしょうか?
光がすり鉢状にさしこんでいるところをみると、コンクリ外壁の中は空洞になっているようです。

解説が台湾語のみで理解できなかったのですが、地理的な関係から「九份」「金瓜石」の全盛期に活躍をしていた金鉱関連の工場なのだと思います。
だとすれば、日本人が関わっていないはずはなく。
「観光資源」「景観の一部」になっているのかも知れませんが、そのまま放置してよいものなのでしょうか?

ノスタルジックな風景を求め「九份」を訪問するなら、「金瓜石」「黄金瀑布」や、工場跡まで足をのばすと、より台湾(と日本)が見えてくるかもしれません。

From the geographical relationship ,I think, these factory marks had been activee in the heyday of Jiufen,Jinguashi.
If you visit “Jiufen”, you had better go “Jinguashi” “Golden Waterfall”.
Because I think it may be more Taiwan (and Japan) comes into view.

2015年9月26日 September 26, 2015

タイトルとURLをコピーしました