カフェ・バタビアで一人飲み

インドネシア(バリ島)観光 東南アジア/Southeast Asia

ジャカルタ夜の観光!治安は?女一人飲みで危険なしだった【7選】インドネシア

投稿日:2018年11月17日 更新日:

2018年5月に、ジャカルタ、ジョグジャカルタ、ボロブドゥールと、インドネシア旅してきました。
ジャカルタに2泊して、夜に訪問したスポットを地図つきでシェアします。
治安はさほど悪くないようで(みんなのそらの体感値)、夜に女のひと、ひとりで飲み歩いても怖いことはありませんでした(* ̄ー ̄*)

  • お洒落なルーフトップバー
  • セクシーなお姉さんと仲よくなるお店

の情報はありませんので、ご了承くださいませ。

1.ジャカルタ中心エリア

1-1.Manggarai(マンガライ)駅

5.Manggarai(マンガライ)駅でKereta Komuter(コミューター)のCentral Lineに乗換えてゴンダンディア駅へ
スカルノ・ハッタ国際空港から、ジャカルタ市内へ移動中の乗換駅。
ベンチだとか、ホーム間の移動手段だとか。
ジャカルタ在住者の日常が垣間見れ、楽しいです(* ̄Oノ ̄*)

ちなみに、電車の乗り継ぎ時間がかかり、空港から、宿泊先のある「ゴンダンディア駅(ガンビル駅のひとつ手前)」まで約2時間40分の小旅行になりました。

▼スカルノ・ハッタ国際空港⇔ジャカルタ市内のアクセス
ジャカルタ空港から市内へ電車(鉄道)で移動するアクセス方法(インドネシア)

1-2.Jaya Agungでサテを、ビール持込みでいただきました

Jaya Agungでサテを、ビール持込みでいただきました
宿泊先の近くにも夕飯を食べることができるお店はありました。
が。
ラマダン中と言うこともあり、ビールを置いているお店を見つけることができず。
地球の歩き方に掲載されていたサテ屋さんなら、雰囲気からしてビールがあるでしょ!と「Jaya Agung」に向かいました。

Jaya Agungでサテを、ビール持込みでいただきました
ものすごい適当に、サティとスープとを指差し注文しまして。

ビールを頼んだところ「置いてない。でも、あそこのお店で買ってきていいよ」と言ってもらえ。
ご指示された小さな売店でビールを買って、サテ+スープ+ビールにありつけました( ̄¬ ̄)
道ばたを行き交う車、バイクを眺めながら一人飲みを楽しみました。

▼公式サイト
Jaya Agung - Satay Restaurant

2.ジャカルタ北部(コタ地区/旧バタビア)

「ゴンダンディア駅」からコミューターに乗れば15分ほどで、旧バタビア観光の起点となるコタ駅にたどり着けます。

2-1.旧バタビア散策はここから!コタ駅

コタ駅
天井が高くて、駅の中をうろちょろしているだけで異国情緒に浸れます。

2-2.夜のファタヒラ広場を周辺を散策

夜のファタヒラ広場を周辺を散策
旧バタビアの中心地。
ロコさんたちが、地べたに座り込んでおしゃべりを心ゆくまで楽しんでいました。

勝手にヒトの前でギターをひきだし、歌を歌い、缶をだす若者に遭遇し、みんなのそらは戸惑いました。
ロコさんは、小額紙幣を渡しておりまして。
そういう優しさが、インドネシアにはあります。

夜のファタヒラ広場を周辺を散策
周辺には、趣のある建造物が並んでいます。
眺めながら散策もよいですが、古い建物のレストランにはいり、食事を楽しむのもよいでしょう。

夜のファタヒラ広場を周辺を散策
大道芸人や、インスタ撮影スポットも

夜のファタヒラ広場を周辺を散策
この建物が見事でした。

2-3.ナイトマーケット

ナイトマーケット
コタ駅からファタヒラ広場を通り過ぎたあたりには、屋台がびっちりと並んでいます。
「東南アジアにきた」と実感しました。

2-4.カフェ・バタビアで一人飲み

カフェ・バタビアで一人飲み
1805年に建てられたコロニアル様式の建物の中に入りたくて、カフェ・バタビアで一人飲みをすることに。

カフェ・バタビアで一人飲み
ビールと、蒸し餃子らしきものをいただきました。

▼カフェ・バタビアのインスタ発見!
https://www.instagram.com/cafe_batavia/?hl=ja

3.ジャカルタで宿泊したホステルの紹介

女性の一人旅で、危険でなかったホステルです。

3-1.Jakarta Konko Hostel Jakarta (コンコー ホステル ジャカルタ)

ジャカルタで宿泊したホステルの紹介
「ゴンダンディア駅」から徒歩圏の「コンコ ホステル (Konko Hostel)」に宿泊しました。
ドミトリー、シャワー共有の個室(←みんなのそらはこのタイプに宿泊)、シャワーつきの個室とあります。
多くの人が訪問するであろう「独立記念塔(モナス)」まで徒歩1.8km/23分、ガンビル(Ganbir)駅まで徒歩950m/12分(Google先生曰く)です。
ジャカルタで宿泊したホステルの紹介
ポップで、ブラックユーモアに溢れるジャカルタ!でした。

▼詳細はこちら
コンコ ホステル (Konko Hostel)

ジャカルタの交通事情

ちなみに、ガンビル(Ganbir)駅に、コミューター(電車)は停まりません。
ホステル最寄りの「ゴンダンディア駅」から「ガンビル(Ganbir)駅」まで、コミューターで移動!はできません。
地元のバイクタクシーや、タクシーにお金を落とし、みんなで仕事を分け合う仕組みなのだと思います。

4.ジャカルタ!ラマダン中の夜知識

ジャカルタを含むインドネシアは、イスラム教徒の方が多いです。
みんなのそらがインドネシアを旅したときは、ラマダン中でした。

イスラム暦(ヒジュラ暦)の第9月がラマダン月(Ramadan)と言われる断食月となります。
日本で言うと○月-○月あたり!と言う表現をするべく、調査をしたところ、西暦とは概念が異なるようで、年ごとによって5月中旬からだったり、4月の終わりからだったりします。

ラマダンの期間中、イスラム教徒の方たちは、日の出から日没中は断食をしています。
1日分の食事は、日没から日の出までの間(=夕方以降から翌未明まで)にとります。

ラマダンの期間中は、深夜の3-4時くらいに「スリスーリ!スリスーリ!」と町中に大音響が響きわたります。
「夜が明ける前に、ご飯を食べましょう」という意味のようです。

ジャカルタでも、ジョグジャでも、ボロブドゥールでも、その洗練を受けました。
しかも、毎日(; ̄ー ̄A
気になるひとには、気になるであろう大音響です。
神経質な方は、ラマダン中はイスラム教徒の多い土地を訪れるのは避けた方がよいでしょう。

5.【地図】ジャカルタなどインドネシア旅

▼あなたへのおすすめ



-インドネシア(バリ島)観光, 東南アジア/Southeast Asia
-, , , , , , ,

Copyright© みんなのそら , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.