ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)

マレーシア観光 東南アジア/Southeast Asia

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)

投稿日:

ペナン島の南東部にある「ペナン戦争博物館」を訪問しました。

1930年代にイギリスがマラッカ海峡からやってくる敵から、ペナン島を守るために砦を築きました。
そして、第二次世界大戦中には、日本軍の捕虜収容所として3年8ヶ月使われていたそうな。

日本の降伏から60年近く、忘れ去られ、ジャングルになっていた場所が、「博物館」として復元されました。

歴史は「his story」で、ひとの数だけ物語があるとは思います。
展示内容に「ん(ー''ー;)?」と思う部分があり、それも「his story」のひとつなのかも知れません。
率直な感想を綴ります。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
さっそく「War Museum」に入場
ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
マラヤの国境のチェックポイントを通過して

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
通路に展示されていたのが、この「KAMIKAZE JACKET(神風ジャケット、だと思う)」でして。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
説明がこちら

神風ジャケットは、1941年12月10日に南シナ海で、英国軍の戦艦(プリンス・オブ・ウェールズ、レパルス)を撃沈するために、空軍の特攻隊(special corps in Japanese air force charged with the suicidal mission)によって使われた
※みんなのそら訳

恐らく、日本で「マレー沖海戦」とよばれている戦闘がベースになっていると思われます。
当時の日本には空軍はなく、海軍の航空部隊が参戦したようです。
開戦直後のこの時期に「特攻(suicidal mission)」的な攻撃をしたのでしょうか?

後ろに写っているのは、展示に説明がないのですが「銀輪隊」が使った自転車かしら?

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
トンネルの入口には、日本兵と英国兵が。
日の丸の扇子をもち、はにかんでいます。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
中は、弾丸置き場だったようです。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
3人組のロコさんたちが、脱出経路で記念撮影を楽しんでいました。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
パネルの展示もありまして
夢も希望もあっただろう若者が

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
こうなってしまいました。

日本兵ではなく、英国兵が展示されていることに、マレーシアの方達(この博物館の創始者かも?)の姿勢を感じます。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
山下奉文大将の処刑台のレプリカもありました。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
「敵は海からくる」としか警戒していなかったのでしょう。
ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
暗い気持ちを、なごませてくれるのが、こうしたお人形さんたちです。
辛辣な展示を、マイルドにするためなのでしょうか?

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
70数年の時を経て、ここが捕虜収容所だったとは思い難い、静けさに包まれています。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
斧で斬首する習慣が日本にはない気が。。。
でも、日本語で「さようなら」って?

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)

ギロチン
ここはスズキと言う名の有名な日本の死刑執行人が、戦争捕虜たちの首切りをした場所です。
古代のサムライの伝統を信じて、スズキは戦争捕虜たちの首切りをしたあとに、刀からしたたる血をワインボトルに入れました。
※みんなのそら訳

当時の日本兵に、戦地でワインを飲むなど優雅な習慣があったのでしょうか?
ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
そばにあったのが、上の斧の展示と、こちらでした。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
本間雅晴中将に関する展示がありました。
本間雅晴中将は、フィリピンでの作戦の責任者です。
第二次世界大戦後に「バターン死の行進」の責任をとらされ、銃殺刑になっています。

マレーシアの戦争博物館に、なぜ彼の展示があるのか?それも、けっこうなスペースを割いて、と不思議に思いました。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)

「死の行進」中のアメリカ軍
※みんなのそら訳

他のパネル展示は、日本に対して厳しいですが、本間雅晴中将に関する展示は、比較的同情的な印象を受けました。

直接、マレーシアと利害関係のない本間雅晴中将を、同情的な視点で描くことで、バランスをとろうとしているのかも知れません。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
マレーの虎と銀輪隊なのでしょうが、解説がないので詳細はわかりません。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
コンクリの建造物の上には、樹木が生えており、月日の流れを感じさせます。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
「Japan "directed sex slavery"」
いわゆる従軍慰安婦でしょうが。。。

ペナン戦争博物館(war museum penang)訪問記(マレーシア)
出口には
パーシバル中将と山下奉文大将からのメッセージがありました。

いくら、マレーシアのかたたち(創業者?)の「his story」にしても「ん?」と思う展示もあり。
姿勢がわかる展示もあり。
ゆるさとやさしさを感じる展示もあり。
植物の生命力に圧倒され。

とにかく、現場を訪ねることが大切なので、ペナン島へ行ったら訪問してみては?

▼あなたへのおすすめ



-マレーシア観光, 東南アジア/Southeast Asia
-,

Copyright© みんなのそら , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.