珍スポ・b級スポット好きにおすすめ!ハウ・パー・ヴィラ(シンガポール)

バトルボックス(Battlebox)で、少々憂鬱になったあとに「ハウ・パー・ヴィラ」を訪問しました。
タイガーバームの創始者:胡兄弟が、1937年につくった庭園。
中国の道教、伝記、神話を題材に何かを啓蒙したかったのかも知れない、極彩色の世界感に圧倒されました。





1.ハウ・パー・ヴィラのアクセス

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
MRT「HAW PAR VILLA駅」をでると、看板に「HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)→」と表記されています。
昔は「Tiger Balm Garden」と言ったようです。
右に行くと、極彩色の世界が( ̄▽+ ̄*)

▼HAW PAR VILLA
http://www.hawparvilla.sg/

2.地獄巡りなど、ハウ・パー・ヴィラの見どころは?

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
めくるめく世界への入口の門。
「ハウ・パー・ヴィラ」のおすすめポイント!を紹介しようとしたのですが、どのオブジェもおもしろ、おかしく、奇妙で。
どうにもこうにもまとまらず。

そこで、みんなのそらがぐっときたものたちを列挙します。

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
タイガーさんたちが手に「タイガーバーム」をもち、大きな目でアピールしています。

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
十大地獄では、罪人がえんま様に刑を宣告され、打ちひしがれていました。
こうした「地獄」の発想は、日本とほぼ同じでして。
中国から日本に渡ってきたもののひとつなのかも知れません。

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
背景に映っている港湾施設のリアルと、すっとぼけたオブジェとの対比が可笑しい。

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
「昭和レトロ」で、異国ではじめてみるのに懐かしい

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
中には、芸術的なオブジェも。美しいものは、これしか見てませんが。。。

180225_3095
蟹女

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
不思議なポーズをとる人魚さんたち。

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
リアルな亀たちが、何やら相談中。

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
パンツ一丁の豚が、オレンジ帽子の奥さんをそそのかそうとしています。

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
あてはまる物語を考え、挫折しましたヽ( ̄ー ̄ )ノ
胸ポケットの眼鏡だとか、マニキュアだとか、時計だとか、細かい部分が生々しい。

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
おすもうさんがタイガーバームをアピール♪

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
女性がそんなに脚をひらいてはいけません。

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
この虎たちが夢にでてきてうなされそう

ハウ・パー・ヴィラ/HAW PAR VILLA(Tiger Balm Garden)シンガポール
獣を食べてきました?とききたくなる、血をしたたらせるパンダ。
ちなみにふたりの子ども連れ(右下に注目)

3.まとめ

「ハウ・パー・ヴィラ」は、好き嫌いが分かれる観光スポットです。
「珍」が大好きなみんなのそらは、炎天下、目を輝かせながら「ハウ・パー・ヴィラ」を歩き回りました。

タイガーバームで財をなし「ハウ・パー・ヴィラ」をつくった胡兄弟は、すてきなお金の使い方をしています。
ほんとうのお金持ちって、すごいです(* ̄ー ̄*)

▼HAW PAR VILLA
http://www.hawparvilla.sg/

4.シンガポールをお得に旅する方法

「ハウ・パー・ヴィラ」のような珍スポのみならず、一般的なシンガポール観光もしますよね?
そこで、あなたの旅をサポートしてくれそうなふたつのサイトをシェアします。

4-1.現地ツアーなら「VELTRA」がおすすめ

シンガポールのフォトジェニックスポットをめぐるツアーなど、とにかく個性あふれるツアーがあり、選択肢も豊富。
日本語OK!のツアーもあるので楽です。

▼現地ツアーをチェックする
【VELTRA】シンガポールの現地ツアー一覧

4-2.各種チケットなら、楽天グループの「Voyagin」

「Voyagin」では、シンガポールを旅する方たちが、行くであろう観光スポットのチケットが豊富。
例えば・・・

などなど。

しかもほぼ【特別価格】だったりします( ̄ー ̄)o゛

▼シンガポールを旅するなら、チェックしておいて損はありません。
【Voyagin】シンガポールのチケット一覧

5.シンガポール旅の地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です