ナイトサファリの行き方(帰り方)などを口コミ(シンガポール)

旧フォード工場(Former Ford Factory)で、切ない気持ちになったあとは、シンガポールのザ・観光地「ナイトサファリ」へ、公共交通機関で向かいました。
エクスプレストラム(日本語を含む8カ国のオーディオガイド付きのトラム)の列に並びたくないので(; ̄ー ̄A優先搭乗のできる「オプショナルツアー」に参加しまして。
そして、公共交通機関でチャイナタウンまで戻ってきました。
せっかくなので、行き方などを口コミシェアします。





1.旧フォード工場からナイトサファリへの行き方(アクセス)

あまり旧フォード工場(Former Ford Factory)から、ナイトサファリへ行く人もいないかとは思いますが(; ̄ー ̄A
バスの乗り合わせがよければ、約25分でいくことができます。

旧フォード工場からナイトサファリへの行き方(アクセス)
シンガポールのバスは、車内に次のバス停が表示されているバスもあれば、ないバスもあります。
運次第!なので、期待しないほうがよいです。

Googleマップで検索するのが一番はやいですが、乗換を書いておきます。
【バス停】Aft Old Jurong Rd
【961】CWoodlands Temp Int

【乗換/バス停】Thong Huat Bros Pte Ltd
【927】Mandai Lake Rd

【到着】S’Pore Zoo

両方ともシンガポールを代表する場所ではあります。
一緒に訪問をしてみてはいかがでしょうか?

▼もっと詳しく
旧フォード工場(Former Ford Factory/Surviving the Japanese Occupation)シンガポール

2.エクスプレストラムに、優先搭乗できるツアーとは?

エクスプレストラムに、優先搭乗できるツアーとは?
ナイトサファリの主な見学方法は主に下記の3通りです。

3-1.ナイトサファリの見学方法

  • Guided Tram Ride(英語のみ)に乗る
  • 8カ国語対応!エキスプレストラムに乗る(+10S$/日本語トラムは2017年5月で廃止になっています)
  • トレイルを歩いて散策する

※動物好きなら
Safari Adventure Tourに参加する( 大人 S$ 138.00/子ども S$ 85.00 )という手段もあります※

▼ナイトサファリの地図
https://www.wrs.com.sg/en/night-safari/explore-night-safari/night-safari-map.html
地図を見てもらうとわかるのですが・・・
象さんには、トラムに乗らないとあえません。

せっかくナイトサファリに行くからには、できるだけたくさんの動物を見たい!という方には、トラムに乗ることをおすすめします。

3-2.時間によっては、エキスプレストラムには行列ができます

エクスプレストラムに、優先搭乗できるツアーとは?
時間によっては、エキスプレストラムには行列ができます。
みんなのそらがナイトサファリにお邪魔したときにも、列ができていました。
ひとり旅で、並ぶの苦手なみんなのそらは、JTBさんの威光を借りることにしました。

JTBさんの現地ツアーに参加すると並ばずに「優先搭乗」ができちゃうのです♪♪

3-3.VELTRAさんでJTBの現地ツアーに申込みました

▼みんなのそらが参加したツアーは下記です。
ナイトサファリ エクスプレストラム確約&優先乗車 アニマルショー特別指定席 現地解散プランあり<送迎&夕食選択可>byJTB *当日12時まで予約可!

自由に過ごしたかったので、送迎は断りました。
自力でいくと「入場料47ドル+エキスプレストラム乗車料10ドル=計57ドル」ですみます。
こちらのツアーに参加すると「ホテルからの送り(帰りはなし。もちろんお金を払えば往復送迎も)+入場料+エキスプレストラム優先搭乗+ショーの座席確保つき=計70ドル」です。
1ドル=80円として、その差額は約1,000円。
チケットを買ったり、並んだり(それも旅の醍醐味ではありますが)と言った煩わしさを思えば、JTBさんの威光を借りましょう!と思えまして。

ナイトサファリは交通の便があまりよくなく、トータルで考え現地ツアーに参加するのもよいのでは?

▼夕食付きなど【選べる】
【VELTRA】ナイトサファリを含むシンガポールの現地ツアー一覧

3.写真は上手にとれず。でも「マレーの虎」を見れて大満足

写真は上手にとれず。でも「マレーの虎」を見れて大満足
JTBさんの御威光でならばずに、トラムに乗ることができ大満足。
イヤホンを指し、所定のボタンを押すと日本語の解説が流れる仕組みになっています。

写真は上手にとれず。でも「マレーの虎」を見れて大満足
唯一まともの写真を撮れた象さん

写真は上手にとれず。でも「マレーの虎」を見れて大満足
マレーの虎!
みんなのそらは、虎年生まれです。
そしてマレーの虎は、山下奉文将軍のあだ名なので、マレーの虎を見たかった。
写真は上手に撮れておりませんが、肉眼ではばっちり見ることができました。

トラムに乗車しているので、自分とカメラとが揺れます。
さらに暗いので、みんなのそらの腕と装備とでは、まともに写真を撮ることができませんでした。
写真をじっくりとりたい方は、トレイルを歩いてまわったほうがよいかも知れません。(* ̄∇ ̄*)

4.ナイトサファリを歩いて散策

ナイトサファリを歩いて散策
やっぱり、マレーの虎の写真をきちんと撮りたい!とトレイルを散策することに。
ツアーには、ショーの特等席での見学がついていたのですが「ここはマレーの虎でしょ」と、ショーを見ずにトレイルに向かうことにしました。
※ツアーのスタッフさんには、声をかけています※
「ワラビートレイル」から「イーストウッドトレイル」に抜け、マレーの虎を見るのです。

ナイトサファリを歩いて散策
ワラビーかしら?

ナイトサファリ内の「TIGER」のサインを目指して歩いたのですが、マレーの虎さんは見える場所にはいなくて。
きたトレイルを戻り、シンガポールの我が家、チャイナタウンに帰ることにしました。

もちろん、ぐるっと一周したければ、トレイルを散策することもできます。

▼ナイトサファリの地図
https://www.wrs.com.sg/en/night-safari/explore-night-safari/night-safari-map.html

5.ナイトサファリからチャイナタウンまで、公共交通機関で戻ってきました

5.ナイトサファリからチャイナタウンまで、公共交通機関で戻ってきました
エントランスをでて「BUS BAY」にむかい

5.ナイトサファリからチャイナタウンまで、公共交通機関で戻ってきました
138番バス(Mandai Lake Rd行き)に乗りMRT「Ang Mo Kio(NS16)」まで約1時間ほど。
MRT「Ang Mo Kio(NS16)」から、チャイナタウンまではMRTで20分ほどです。

ちなみに927番バス(Mandai Lake Rd行き)だと「Choa Chu Kang(NS4)」まで45分ほど。
この「Choa Chu Kang(NS4)」が、シンガポールの中心街から外れておりまして。
チャイナタウンまでは50分ほどかかります。

Google先生にきくと、バス-バスだとか、ナイトサファリから歩いて20分かかるバス停からバスに乗ろう!などたくさんの提案がでてきます。
小心者のみんなのそらは、夜遅くに異国で冒険をしたくありませんでした。
安全策で、138番バス(Mandai Lake Rd行き)に乗りMRT「Ang Mo Kio駅」までバスに揺られて帰ってきました。

5.ナイトサファリからチャイナタウンまで、公共交通機関で戻ってきました
「Ang Mo Kio(NS16)」のバスターミナル。でかっ。

5.ナイトサファリからチャイナタウンまで、公共交通機関で戻ってきました
駅前にはクリスマスシーズンだからか、イベント的な遊園地が。
あの観覧車に乗りたかったのですが「子どもしか乗れないよ」と断られました(*ノ-;*)

6.【送迎バス】シンガポール市内⇔リバーサファリが便利かも?

事前に日本語で予約できる【送迎バス】があります。
オレンジラインとブルーラインの2路線で、大きなホテルにバス停があります。
最長1時間(交通状況にもよるでしょうが)座っているだけで、乗換の心配も、乗り過ごす心配もありません。

出発は
シンガポール市内:17:30/18:30
シンガポール動物園(ナイトサファリ):21:20/22:20/23:00

バス代は片道515円で、往復、1日券、2日券もあります。
みんなのそらがシンガポールを旅する前に知っていたら、この送迎バスでチャイナタウンまで戻ってきました

▼詳細は「Voyagin」さんで確認を
【送迎バス】シンガポール市内〜動物園/ナイトサファリ/リバーサファリ 乗車チケット<片道/往復または1日/2日乗り放題>

▼ナイトサファリへのアクセスは公式サイトで確認を
https://www.wrs.com.sg/en/night-safari/before-you-visit/getting-to-night-safari.html

7.ナイトサファリのチケットを【日本語】で【特別価格】でゲットする方法

ナイトサファリのチケットが日本語で予約できるだけでなく、しかも【特別価格】で購入する方法があります。
楽天グループの「Voyagin」さん経由で、予約すればよいのです。

ナイトサファリ観光の当日は、スマホでQRコードをチケット発行機にかざし、紙のチケットを発行し、入場します。
これなら英語が苦手でも、スムーズにナイトサファリに入場できそうです。

▼詳細は「Voyagin」さんで確認を
ナイトサファリ シンガポール (トラム乗車付き) 割引 Eチケット

「Voyagin」さんでは、ナイトサファリのみならず、シンガポールを旅する方たちが、行くであろう観光スポットのチケットを扱っています。
例えば・・・

  • マリーナベイ・サンズ (MBS) スカイパーク展望台
  • ユニバーサル・スタジオ・シンガポール™ (USS) 1日入場チケット
  • ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ シンガポール+OCBCスカイウェイ
  • リバーサファリ

などなど。

しかもほぼ【特別価格】だったりします( ̄ー ̄)o゛

▼シンガポールを旅するなら、チェックしておいて損はありません。
【Voyagin】シンガポールのチケット一覧

8.シンガポール旅の地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です