国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)

「忠烈祠と言えば衛兵交代式」「イケメンさんたちの一糸乱れぬ動きを見なくては」と期待が募ります。
でも「忠烈祠」には「衛兵さんたち」に加え、他にも見るべきものがあるのです( ̄Д ̄)ノ




1.忠烈祠と言えば!何はさておき「衛兵交代式」

2.「文烈士祠」「武烈士祠」に手を合わせましょう

3.「衛兵交代式」再び

4.台湾観光ざっくり地図


1.忠烈祠と言えば!何はさておき「衛兵交代式」

国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)
バス停から数分歩いて「忠烈祠」にやってきました。
「大門」に、人だかりができているので、そろそろ「衛兵交代式」がはじまるようです。

国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)
中にはいってしばらくすると、衛兵さんたち(儀杖隊)の交代要員がやってきました。
白い軍服なので、海軍さんのようです。

衛兵さんたちの凛々しさもさることながら、後ろに写っているアーチ型の「大門」の彫刻にうっとり。

国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)
「軍靴の音が近づく」と言うと、戦争が迫り、暗雲がたちこめるイメージです。
でも「忠烈祠」に軍靴の音が響くと、テンションがあがります( ̄m ̄*)

国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)
衛兵さんたちの足下に赤いラインがあるのは見えますでしょうか?
この赤いラインは、毎日衛兵さんたちが歩くことによって、ついた跡です。
奥にある「山門」をくぐり、「大殿」を守る衛兵さんたちと交代します。
交代するところは、見とれており、写真がありません。

国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)
交代して戻ってきたところ。

国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)
再度「山門」をくぐり戻っていきました。

2.「文烈士祠」「武烈士祠」に手を合わせましょう

国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)
ここで、衛兵さんたちについて帰っていく方と、もう少し見学する方とに分かれます。
「大殿」の豪華絢爛な彫刻に目を見張り。

国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)
そもそも「国民革命忠烈祠」は、国のために身を捧げた建国の先人に敬意を払い、英霊を祀るため施設です。
日本で言うと「靖国神社」にあたるのかも知れません。

国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)
「大殿」の左右にはそれぞれ「文烈士祠」「武烈士祠」とがあり、英霊たちが祀られています。
その英霊たちのなかには「抗日」のために、命を捧げた方たちもいらっしゃいます。
(それ以外の方にも)手を合わせてきましょう。

国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)
「回廊」には、イラストとともに、台湾の方たちが経てきた闘いが描かれています。
「盧溝橋事件」は、中国語圏では「七七事変」とよばれているようです。
何だか、台湾と言うより、中国の歴史を見ている気になります。。。

国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)
烈士たちに手を合わせ、台湾の経てきた闘いに思いを馳せている間に「大殿」からは、観光客が消えました(* ̄ー ̄*)
そういう「みんなのそら」も観光客ですが(苦笑)
観光客のいない「大殿」の写真を撮りたければ、展示物を眺めながら待つことをおすすめします。

3.「衛兵交代式」再び

国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)
そんなこんなで再び「衛兵交代式」の時間になりました。

国民革命忠烈祠は衛兵交代式だけじゃない!イケメン以外にも見るべきものが(台北/台湾)
イケメンの衛兵さんを愛でて、目の保養をするのもよいです。
それと一緒に、「文烈士祠」「武烈士祠」など見るべきものもみて、手を合わせてきましょう。

▼公式サイト
国民革命忠烈祠の紹介

4.台湾観光ざっくり地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です