バオバブ街道(マダガスカル)/Baobab Road(Madagascar)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

「星の王子様」ファンにとっては、聖地と言えるマダガスカルの「バオバブ街道」へ。
トマナシア空港の前の道路/Baobab Road(Madagascar)
トマナシア空港の前の道路
空港前なのに、そっけない

空港のフェンスから、飛行機をじっとみつめていた少年たちの表情が印象に残っています。
彼らは、この土地に生まれて、死ぬまでこの土地をでることなく過ごすのでしょうか?

アフリカを少しだけ垣間みて「人間は平等ではない」ということに、気がつきました。
たまたま日本と言う比較的豊かな国に生まれ育ったから(もちろん、努力もしたので)アフリカを旅する機会を得ることができました。

飛行機をみつめる彼らが、飛行機で旅をしようとしたら、管理人の何百倍もの努力が必要で、生活におわれて、その努力をする時間すらえらないような気もします。
「どこかに旅をする」という発想すらなく、一生を過ごすのかもしれません。

バオバブ街道(マダガスカル)/Baobab Road(Madagascar)
「バオバブ街道」は、マダガスカル一の観光地のはず。
それなのに、垣間見た現地の方たちの生活はあまり豊かとは言えなそうで。

あるファミリーは、みんな裸足なのだけど、いちばん小さな子供だけが、大人サイズのサンダルをはいていて。
切なくて、切なくて、切なくて。

「星の王子様の聖地↑↑↑」と、バオバブ街道にテンションがあがるのですが、見せつけられる数々の「アフリカの現実」に打ちのめされもして。

さらに、幼い少女が、裸足でセブ牛の番をしていて。
日本の子供だったら、おうちのお手伝いもするでしょうが、無邪気に遊んでいられる気がします。
セブ牛の番/Baobab Road(Madagascar)

この少女に幸があることを祈ります。

仰いだ空は青く澄んで。

For “The Little Prince” fans, “Baobab Road” of Madagascar is the holy place.
The street in front of the Tomanashia Airport is too simple.

“Baobab Road” must be the No.1 sightseeing area in Madagascar.
But life of “Baobab Road” area is not rich.
Only the smallest children wears the sandals of adult size,Family  (expect her)are barefoot.

A little girl took care of Cebu cattle with bearfood.
I wish the girl will be happy.

2014年12月14日 バオバブ街道(マダガスタル)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

One thought on “バオバブ街道(マダガスカル)/Baobab Road(Madagascar)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です