フラワードームorクラウドフォレスト違いは?行って比較して口コミ(シンガポール)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイにあるのが、横に広いドーム「フラワードーム」と、縦に長い「クラウドフォレスト」。
みんなのそらは「両方とも植物園っぽいのですが、何が違うのヽ( ̄ー ̄ )ノ」と首をかしげておりました。
行ってわかった「フラワードーム」「クラウドフォレスト」の違いをシェアします。

▼ちなみに、世界遺産のシンガポール植物園とは別物です。
【世界遺産】シンガポール植物園(Singapore Botanic Gardens)



1.フラワードームは、地中海沿岸と半砂漠の気候帯を再現

フラワードームは、地中海沿岸と半砂漠の気候帯を再現
シンガポールは、赤道直下で熱帯性モンスーン気候です。
シンガポールに自然の状態では存在しない植物を・・・と言うことで、地中海沿岸と半砂漠の気候帯を再現しているのだと思われます。

サボテンは、乾燥している地域のものですもの。

フラワードームは、地中海沿岸と半砂漠の気候帯を再現
ステッチが縫われているような植物だとか。

フラワードームは、地中海沿岸と半砂漠の気候帯を再現
バオバブの樹だとか。
みんなのそらは「星の王子様」を読んで以来、バオバオの樹の大ファンなので大喜び

日本だと、平面に樹木を植えていくことが多いように思います。
あがったり、さがったり、立体的なつくりで、そこがシンガポール流です。

フラワードームは、地中海沿岸と半砂漠の気候帯を再現
「下(しも)」に、はしってすみません。
男性(左)と女性に見えたので、思わずパチリと( ̄m ̄*)

フラワードームは、地中海沿岸と半砂漠の気候帯を再現
植物たちの間にこうしたオブジェがあるのが、不思議。

フラワードームは、地中海沿岸と半砂漠の気候帯を再現
人間がいたり。

シンガポールと日本人との「自然感の違い」が楽しめます♪

2.クラウドフォレストは、低温多湿な山岳地帯を再現!空中散歩も

クラウドフォレストは、低温多湿な山岳地帯を再現!空中散歩も
クラウドフォレストの一番の特徴と言えば、こちらの人工的な滝です。
何度もしつこいかもしれませんが、日本庭園の「滝」とはスケールと、発想が異なります。

滝の裏側に、フロアがあるのが見えますでしょうか?
この滝、裏側から見ることができます。

クラウドフォレストは、低温多湿な山岳地帯を再現!空中散歩も
あんなに空中に飛び出た道を歩くことができます。

クラウドフォレストは、低温多湿な山岳地帯を再現!空中散歩も
エレベーターで登って、このような道をお散歩していけます♪

180414_3721
滝を裏から見たところ。
右側に豆粒ほどの人間が映っているのが分かりますか?

クラウドフォレストは、低温多湿な山岳地帯を再現!空中散歩も
自分がSF映画の主人公になった妄想を楽しめます。

クラウドフォレストは、低温多湿な山岳地帯を再現!空中散歩も
ジャングルを探検しているみたいでした(* ̄ー ̄*)

「フラワードーム」「クラウドフォレスト」それぞれに「シンガポール」の自然感を垣間みるよさがあります。
日本人にないシンガポール人ならでは発想を楽しみましょう。

3.【地図】シンガポール旅

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です