サンチャゴ要塞(フィリピン)/Fort Santiago (Philippines)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

スペイン、アメリカ、日本といろいろな国に翻弄されてきたフィリピン。
その象徴がインストラムロスの奥にある「サンチャゴ要塞」なのかも知れません。

メインゲート|サンチャゴ要塞(フィリピン)/Fort Santiago (Philippines)

「要塞」だけあって、かんたんに攻め込まれないように「お堀」的なものが存在します。
こういった「お城」「要塞」の仕様って、世界で類似性がみられます。

メインゲートは、第二次世界大戦で壊滅的な被害を受けたのですが、再建されました。
この「マニラの戦い」で多くの市民が犠牲になりました。
「壊滅的な被害」を与えたのは、日本軍と、連合軍(主にはアメリカ軍と)との戦いだったのが心に痛いです。

ホセ・リサール|サンチャゴ要塞(フィリピン)/Fort Santiago (Philippines)

1800年代後半には、スペインからの独立を訴えたホセ・リサールが、処刑までの2ヶ月間、この場所に投獄されていました。
志半ばで倒れることにはなりましたが、今でもホセ・リサールはフィリピンの「国民的英雄」なのだそうです。

サンチャゴ要塞(フィリピン)/Fort Santiago (Philippines)

第二次世界大戦中には、多くの捕虜が地下牢や水牢(dungeon)で殺害された悲しい歴史があります。
「殺害した」のは、日本軍。どうして、そんなことをしてしまったのでしょうか?

サンチャゴ要塞(フィリピン)/Fort Santiago (Philippines)

ところで、近くに竹(?)が生えていまして。しかも「亀甲竹(佛面竹)」に似た竹が。
日本では「玉若酢命神社(島根県隠岐の島)」「皇居東御苑」でみたことがあります。
フィリピンにも、このようなでこぼこした竹があってびっくり。
名前や、文言を彫ってしまうのは、どこでも一緒です。
もしかすると、死者を弔うといった、重要な意味があるのかもしれないのですが。。。

今となっては、フィリピーナたちが銃弾などでぼこぼこに傷ついた壁で記念撮影をしたり。

サンチャゴ要塞(フィリピン)/Fort Santiago (Philippines)

この方たちではないのですが、別のフィリピーナ女子ふたりが、いろいろなポーズをとって記念撮影をしていて。
わたしと目が合った時に、満面の笑顔でポーズを決めてくれて、何をどうしてよいのかわからなかった管理人は挙動不審に陥ってしまいました(ノ_・。)

サンチャゴ要塞(フィリピン)/Fort Santiago (Philippines)

花が、建設中の近代的なビルが、壊れた壁から見えるようになりました。

サンチャゴ要塞(フィリピン)/Fort Santiago (Philippines)

いろいろな経緯を経て、サンチャゴ要塞は、本来あるべき「フィリピーナの場所」になりました。
日本人として、いろいろなことを考えさせられる場所なので、フィリピンにきたら脚を運ぶことをおすすめします。

2015年7月5日 July 5, 2015

Through a variety of circumstances, Fort Santiago is now certain to be the original “location of Filipina”.
Santiago Fortress is where Japanese various things.
If you are Japanese,I recommended that you go to Fort Santiago.

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です