チャイナタウンに4泊!おすすめの観光スポット、穴場をシェアします(シンガポール)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

「チャイナタウン」「中華街」と言うと、赤と黄色のイメージでした。
でも、シンガポールのチャイナタウンは、プラナカン文化の影響を受けているからか、パステルカラーなのです(* ̄∇ ̄)ノ
交通の便がよいので4泊しました。
4日間ずうっとチャイナタウンを観光したのではありません。
チャイナタウン観光は半日くらいで、あとは朝出勤して、夜に帰ってくるイメージです。
パステルカラーのチャイナタウンをシェアします。




1.チャイナタウンの観光スポット、穴場など

2.チャイナタウンの食事!グルメ

3.女性ひとり旅!危険のなかったホステル

4.シンガポール旅の地図


1.チャイナタウンの観光スポット、穴場など

1-1.チャイナタウン駅(MRTダウンタウン線/東北線)

チャイナタウン駅(MRTダウンタウン線/東北線)
駅名は「赤」でした。
漢字表記が「中華街」的なものでなく、ちょっとびっくり( ̄□ ̄;)


1-2.違ってたらごめんない。たぶん「クラブストリート」

違ってたらごめんない。たぶん「クラブストリート」
宿泊していた「Capsule Pod Boutique Hostel」から「シアン・ホッケン寺院」に行く途中にときめいたので、曲がってみた道
自転車を立ちこぎするお姉さんと、ゆっくり歩く男の子の対比が面白く。

違ってたらごめんない。たぶん「クラブストリート」
チャイナタウンなのに、パステルカラー
日本の観光地だと、景観に配慮した「茶色のセブンイレブン」があるように「パステルカラーのセブンイレブン」があったらよいのに。

違ってたらごめんない。たぶん「クラブストリート」
飲み屋さんがいっぱいあったので、夜にでかけてもよいかもしれません。


1-3.アン・シャン・ヒル公園

アン・シャン・ヒル公園
このあたりで曲がってアン・シャン・ヒル公園へ
「アン・シャン・ヒル」の名は、成功した商人の名前からつけられたとか。

アン・シャン・ヒル公園
シンガポールでは財を成した方達は、相応の寄附をするそうな。
その感謝の印なのか、シンガポールを歩いていると、人名由来であろう「○○ストリート」が、たくさんあります。
「シンガポール」というと税金天国!のイメージがあり、どうやって国を運営しているのか?不思議でした。
富裕層のこうした貢献に支えられている部分もあるのかもしれません。


1-4.アモイストリート

アモイストリート
アン・シャン・ヒルから降りてきて、アモイストリートをシアンホッケン寺院方面に歩きます。
ほんとうにチャイナタウンですか?ってくらいパステルカラーでしょ(V)T¥T(V)

アモイストリート
ここにもショップハウスらしきものがつらなっています。
すぐ出発できるようなバイクの停め方に、知性を感じます。

アモイストリート
シアンホッケン寺院の外壁には、シンガポールのハレの日、日常が描かれています。
中国系の方や、マレー系、インド系の方が共存しています。
こうした壁画アートは、シンガポールのあちこちで見かけました。


1-5.テロック・エア公園

テロック・エア公園
テロック・エアのはじめて住民は、マレーの漁師さんたちだったそうな。
1819年にイギリスがシンガポールを所有したときに、このエリアを中国からの移民の居住エリアにデザインしたんだって。

テロック・エア公園
そして19世紀には、インドからの移民がテロック・エアと、サウスバンクの間に住んだそうな。
インドからの移民の多くはミルク商人だったんだって。

植民地時代に、やってきた(つれてこられた)移民たちが、いまだにたいへんなことになっている土地もあります。
そんな中で、異なるルーツをもつ方達が共存しているのがシンガポールのすごいところです。


1-6.ナゴール・ダルガー・インディアンムスリム・へリタージセンター

ナゴール・ダルガー・インディアンムスリム・へリタージセンター
「今度こそ、シアンホッケン寺院へ」と思いつつ、気になったのがこのピンクの建物( ̄口 ̄∥)
気になったので、はいることに。

ナゴール・ダルガー・インディアンムスリム・へリタージセンター
ステンドグラスもすてき。

ナゴール・ダルガー・インディアンムスリム・へリタージセンター
インド系のイスラム文化や、遺産を伝える役割を果たしています。
「インド」というと「ヒンドゥー教」と思っていたのですが、イスラム教の信者さんのいらっしゃるのですね。

ナゴール・ダルガー・インディアンムスリム・へリタージセンター
モスクではないから、栗型の屋根でないのかもしれません。

▼The Nagore Dargah Indian Muslim Heritage Centre
http://www.ndsingapore.com/


1-7.シアン・ホッケン寺院

シアン・ホッケン寺院
Google先生曰く「ホテルから550m/徒歩7分だよ」とお告げを受けたシアン・ホッケン寺院に、70分かけてたどりつきました(; ̄ー ̄A
シアン・ホッケン寺院は、1841年に福建省出身の華人たちが建てたお寺で、福建寺院としては、シンガポールでもっとも古く、大切にされています。

シアン・ホッケン寺院
彫刻や、色彩が鮮やかで見応えあります。

シアン・ホッケン寺院
ひとりで外国のお寺に行くと、祈り方が分からず。
地元の方が祈りをささげている姿を、邪魔にならないように眺めるしかできません。

シアン・ホッケン寺院
そんなみんなのそらでも、祈りをささげることができる場所がありました。

マンダリン(中国語)と英語で祈り方が書かれていました。
1.ベルをならす
2.目を閉じ、手を合わせ、祈りをささげましょう
3.コインを井戸に投げましょう(苦笑)

シアン・ホッケン寺院
関羽でしょうか?

ちなみに、シアン・ホッケン寺院の左に数軒離れると水色の「アル・アブラー・モスク」があるそうな。
これだけ近くに、ルーツの異なる3つの宗教関連施設があるのが、シンガポールらしさなのかもしれません

▼シアン・ホッケン寺院公式サイト
http://thianhockkeng.com.sg/site/


2.チャイナタウンの食事!グルメ

2-1.MRTチャイナタウン駅のそばで、中華料理

MRTでチャイナタウンまで戻ってきた。
初日の夜に、お腹が空いたので、MRTチャイナタウン駅そばの中華料理屋さんへ。
大好きなキクラゲの炒めもの+タイガービールにご満悦!
量が多く、一人旅には少々つらかった(ノ_・。)

2-2.シアン・ホッケン寺院の斜め向かい!フードコートで魚頭湯(fish head soup)を食す

シアン・ホッケン寺院の斜め向かい!フードコートで魚頭湯(fish head soup)を食す
お腹がすいたので「ナゴール・ダルガー・インディアンムスリム・へリタージセンター」のむかいにあるフードコードへ。
メニューを見て気になった「魚頭湯(fish head soup)」を発注。
ご飯と一緒に食べていたら、近くのお店のおかんが営業にきて、せっかくなので、コーヒーをいただくことになりました。

グラブペイを採用しているお店もあり、シンガポールでもキャッシュレス化がすすんでいるようです。

3.女性ひとり旅!危険のなかったホステル

交通の便がよさげ、と言うことでチャイナタウンに4泊しました。
4泊同じホテルに泊まったとして「ハズレ」だとつらいよね、と2泊×2ホステルと保険をかけまして(; ̄ー ̄A
結果として、両方とも居心地がよかったので、共有します

3-1.Capsule Pod Boutique Hostel

Capsule Pod Boutique Hostel
このピンクと、窓枠の木に一目惚れして宿泊することを決めました。
プラナカン的な外観にときめきました。

Capsule Pod Boutique Hostel
テラスでビールを飲むのがおすすめ。

ドミトリー(みんなのそらは、こちら)と、ファミリールームという部屋構成です。
ひとり部屋でないと・・・な、おひとりさま、カップルには向いてないかもしれません。
シャワーはトイレと一緒で、男女共有。

Capsule Pod Boutique Hostel
誰かが、シェア自転車を乗り捨てたのかしら?

▼詳細はこちら
カプセル ポッド ブティック ホステル (Capsule Pod Boutique Hostel)

4.シンガポール旅の地図

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です