シンガポールと言えば「夜景」3時間半の夜の観光コース

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

シンガポールにきたら、夜景を見なくては(* ̄∇ ̄)ノ
治安のよいシンガポールですもの、女の人ひとりでも、怖い目には遭いませんでした。
チャイナタウンにある「カプセル ポッド ブティック ホステル (Capsule Pod Boutique Hostel)」から19:50PM頃に出発し、徒歩でマーライオンを目指し、ベイエリアを散策し、23:20PMにチャイナタウンに戻ってきました。
モデルコースにはならないかも知れませんが(; ̄ー ̄Aお役にたてたら嬉しいです。




1.シンガポール川沿い!ボートキーを散策

2.シンガポール観光の超定番!マーライオン公園

3.Esplanade Bridge?ジュブリーブリッジ(橋)?マリーナ・ベイを望む絶景スポット

4.未来にきたかも?ヘリックス橋

5.ガーデン・バイ・ザ・ベイでスーパーツリーを見上げる

6.MRTでチャイナタウンまで戻ってきた。

7.MRTチャイナタウン駅前で夕ご飯

8.シンガポール旅の地図


1.シンガポール川沿い!ボートキーを散策

シンガポール川沿い!ボートキーを散策
19:50PM前にチャイナタウンにある「カプセル ポッド ブティック ホステル (Capsule Pod Boutique Hostel)」を出発。
Google先生の導きにより、ボート・キー経由でシンガポールの象徴「マーライオン」くんに逢いにいくことにしました。
リバークルーズ船が、川をがんがん行き交います。
けっこうなスピードがでているので、暗い中で撮ると写真がぼけてしまいます(; ̄ー ̄A

クルーズ船の所要時間は約40分で、シンガポールの絶景ポイントを川から見上げることができます。
ふだんと違う視点でシンガポールを旅したい方に、おすすめです。

▼River Cruising
http://rivercruise.com.sg/river-cruise/

シンガポール川沿い!ボートキーを散策
オブジェがあったり、豪華な橋があったり。
ボート・キーを目を輝かせながら歩きました。

2.シンガポール観光の超定番!マーライオン公園

シンガポール観光の超定番!マーライオン公園
そして、マーライオン公園へやってきました。
シンガポールへ観光で訪れたら、必ず行きましょう!な観光スポットです。

マーライオン、マリーナ・ベイ・サンズ(3つのビルの屋上に船的なものが乗っかっている建物)、アートサイエンス・ミュージアム(蓮)という「ザ・シンガポール」な写真を撮ることができます( ̄ー ̄)o゛

シンガポール観光の超定番!マーライオン公園
マーライオンの正面を、高層ビルをバッグに撮ってみた。
川沿いに林立する高層ビルも「ザ・シンガポール」な風景ですよね。

シンガポール観光の超定番!マーライオン公園
さあ、マーライオンの足下に映っている橋を渡って、マリナー・ベイをぐるっとまわります。

3.Esplanade Bridge?ジュブリーブリッジ(橋)?マリーナ・ベイを望む絶景スポット

Esplanade Bridge?ジュブリーブリッジ(橋)?マリーナ・ベイを望む絶景スポット
地球の歩き方「aruco」だと、ジュブリーブリッジ(橋)と表記されていますが、Googleマップには「Esplanade Bridge」しかありません。
そんな橋をほんわかとした熱気に包まれ、前を向いて歩くだけでも、楽しいです。

Esplanade Bridge?ジュブリーブリッジ(橋)?マリーナ・ベイを望む絶景スポット
さらにおすすめするのが、振り返ること。
また違ったマリーナ・ベイ・サンズ(3つのビルの屋上に船的なものが乗っかっている建物)、アートサイエンス・ミュージアム(蓮)とを、眺めることができます。

マリーナ・ベイ・サンズでは「SPECTRA – 光と水のショー」というショーを1日数回行っています。
よく見える場所で見たければ、公式サイトを見て、作戦を練りましょう。

▼SPECTRA – 光と水のショー|マリーナベイ・サンズ
http://jp.marinabaysands.com/entertainment/spectra.html#Qsbx3MgafAz9A3XY.97

橋を渡り、汗をかきつつ、フローティングステージの横を通り抜け

Esplanade Bridge?ジュブリーブリッジ(橋)?マリーナ・ベイを望む絶景スポット
ヘリックス橋のたもとまでやってきました。

4.未来にきたかも?ヘリックス橋

未来にきたかも?ヘリックス橋
ヘリックス橋はライトアップされ、未来を歩いている気分になりました( ̄▽+ ̄*)

5.ガーデン・バイ・ザ・ベイでスーパーツリーを見上げる

さて、マリーナ・サン・ベイズの横を通り抜け、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイへやってきました。
日本の「日本庭園」のように、自然を加工して愛でる、シンガポール版の「シンガポール庭園」のようなものです。
加工の仕方に国民性がでており、その違いが面白い。

ガーデン・バイ・ザ・ベイでスーパーツリーを見上げる
まずは、シルバーガーデンにたちより、スーパーツリーの小さな群生を眺めます。
植物で、大きな樹をつくる!という発想が日本人にはないですよね。

ガーデン・バイ・ザ・ベイでスーパーツリーを見上げる
そして、いよいよ「スーパーツリーグローブ」へ。
スーパーツリーの大きな群生です。

みんなのそらが訪問したときには、クリスマスライトアップをしておりまして。
神戸のルミナリエのような、光の壁があちこちにたてられていました。
そして、入場料をとられました(ノ_・。)

マーライオンに近い「狛犬」さんと、竹林の間の光の門をくぐり抜け

ガーデン・バイ・ザ・ベイでスーパーツリーを見上げる
空を見上げると、たくさんの「スーパーツリー」が。

ガーデン・バイ・ザ・ベイでスーパーツリーを見上げる
マリーナ・サン・ベイズの屋上とスーパーツリーと、OCBCスカイウエイとのコラボ。
日本庭園でいう「借景」というものかも知れません。
でも、何に見立てているのでしょうか?

ガーデン・バイ・ザ・ベイでスーパーツリーを見上げる
スーパーツリーの根元には、テーブルとベンチとがあります。
ビールを買ってきて、スーパーツリーを眺めながら軽くいっぱいも素敵ですよね。

スーパーツリーにかかっている「橋」は「OCBCスカイウエイ」と言いまして。
何と、スーパーツリーの間を、空の上を歩くことができます。
が、チケット販売は20:30まで(21:00まで営業)でして。

みんなのそらがお邪魔したときは、22:00近く。
残念なことに、このときは、スカイウォークすることはできませんでした。
「何が何でも、スカイウォークしたい」方は、どんなに遅くとも20:30までにチケットをゲットしましょう ̄ー ̄)ノ”

ガーデン・バイ・ザ・ベイでスーパーツリーを見上げる
ドラゴン・フライ・ブリッジ前の出口からだと、このような写真を撮ることができます。

ガーデン・バイ・ザ・ベイでスーパーツリーを見上げる
ドラゴン・フライ・ブリッジからみたシルバーガーデン

▼Gardens By The Bay
http://www.gardensbythebay.com.sg/en.html

6.MRTでチャイナタウンまで戻ってきた。

MRTでチャイナタウンまで戻ってきた。
MRTベイフロント駅から地下鉄にのって、チャイナタウン駅に戻ってきて。

7.MRTチャイナタウン駅前で夕ご飯

MRTでチャイナタウンまで戻ってきた。
駅前の中華料理屋さんで、夕ご飯をいただきました。
一皿あたりの量が多くて、必死になって食べました(; ̄ー ̄A

駅からそう遠くないところに「屋台村」があり、一人旅さんには、そちらがおすすめです。

19:50に出発をして23:20に戻ってきた約3時間半のシンガポール夜観光のコースです。
マリーナ・ベイ・サンズ、スーパーツリーグローブのショーを見たければ、その時間を狙っていきましょう。
シンガポールを旅するあなたの、参考になると嬉しいです。

8.シンガポール旅の地図

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です