鹿港へ!台中からバスで半日観光(台湾)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

「台中市役所」でランチを食べ、お次はバスで港町「鹿港」へ向かいます
「鹿港」は清時代に貿易で繁栄した港でして。
当時の面影が残る町並みを堪能してきましたヾ( ̄◇ ̄)ノ◇”




1.台中から鹿港へアクセス(バス)

2.生活の知恵でこうなった。九曲巷

3.台湾第一級古蹟!龍山寺の彫刻に惚れる

4.すれ違い困難?摸乳巷

5.威風堂々としたバロック式洋館!鹿港民俗文物館

6.海の神:媽祖廟が祀られている天后宮

7.店じまいが早いかも!?古市街

8.鹿港含む台湾旅の観光地図


1.台中から鹿港へアクセス(バス)

台中から鹿港へアクセス(バス)
台中から、鹿港へは「9018バス」でアクセスしましょう。
みんなのそらは、Google先生のお導きにより、台中駅から少々歩く「干城站」から乗車しました。
バス停の写真であって、写っている大きなバスは鹿港行きの「9018バス」ではありません。

下記のリンク先を見ると、台中駅からも乗れそうですし「干城站」がふたつあるのですが。。。

台中から鹿港へアクセス(バス)
一般的なバスより小さめのマイクロバスに乗ること約1時間20分で鹿港へ到着します。
EASY CARDが使えるので便利です。

▼干城 (臺中車站)⇢中鹿鹿港總站(9018路)の時刻表など
http://www.ibus.com.tw/intercity-bus/middle-tw/route-9018/
ちなみに、台湾のたいていのバスの時刻表は、出発時間しか記入してありません(苦笑)

台中から鹿港へアクセス(バス)
窓、屋根のカタチにうっとりな建物を眺めつつ、最初の目的地「九曲巷」に向かいます。

2.生活の知恵でこうなった。九曲巷

生活の知恵でこうなった。九曲巷@鹿港観光
鹿港で最も有名な路地裏と言えば「九曲巷」。
その名が表すように、うねうねくねくねとした路地です。
夜には、カラフルでコンパクトな屋台が営業しているのかも知れません。

生活の知恵でこうなった。九曲巷@鹿港観光
季節風の影響を受けないように、曲がり路をつくり、今にいたっているそうな。
レンガの壁から赤いお花がこぼれていたり。

生活の知恵でこうなった。九曲巷@鹿港観光
バイクの影で微睡んでいた猫さんにめっちゃ警戒されたり。

生活の知恵でこうなった。九曲巷@鹿港観光
鹿港の方たちの生活の場でもあるので「お邪魔させてもらってます」と、謙虚な気持ちを忘れずに、路地裏に迷いこみましょう。

生活の知恵でこうなった。九曲巷@鹿港観光
こんな「観光用自動車」もありました(* ̄∇ ̄*)

3.台湾第一級古蹟!龍山寺の彫刻に惚れる

台湾第一級古蹟!龍山寺の彫刻に惚れる@鹿港観光
鹿港一の名刹と言われる「龍山寺」。恐らくこれが山門。

台湾第一級古蹟!龍山寺の彫刻に惚れる@鹿港観光
五門殿は、柱にからみつく龍など、彫刻が立派です。

台湾第一級古蹟!龍山寺の彫刻に惚れる@鹿港観光
五門殿をくぐった舞台の天井にある「八卦藻井」。
色彩の美しさや、造形美に圧倒されます。
これだけ複雑なカタチをしているのに、釘を一切使っていないそうな。

台湾第一級古蹟!龍山寺の彫刻に惚れる@鹿港観光
正殿(拝殿)から、五門殿、山門を見たところ。
古い建物が好きな方なら、目をキラキラさせ、大興奮間違いなし!でしょう。

4.すれ違い困難?摸乳巷

すれ違い困難?摸乳巷@鹿港観光
「人がすれ違おうとすると胸があたってしまう」から、摸乳巷と名付けられたそうな。

すれ違い困難?摸乳巷@鹿港観光
赤煉瓦が倒れてきたら逃げ場がないよね┌(; ̄▽ ̄)┘と弱気になったみんなのそらでした

5.威風堂々たる「混合風格」!鹿港民俗文物館

威風堂々たる「混合風格」!鹿港民俗文物館@鹿港観光
鹿港民族博物館は元々は辜氏(台湾五大家族)の官邸でした。
辜ファミリーが所有する民俗文物を寄贈し、その行為に同調した鹿港の方たちも自主的に文物を提供し、所蔵品が増えていったそうな。
「鹿港」の繁栄を知るには、よい場所でしょう。
みんなのそらが訪問した日は休館日で、建物の外観だけしか見れなかったのが悔やまれます(*ノ-;*)

▼鹿港民俗文物館
http://www.lukangarts.org.tw/

6.海の神:媽祖廟が祀られている天后宮

海の神:媽祖廟が祀られている天后宮@鹿港観光
海に面しているため、海の神:媽祖廟に航海の安全を祈ったそうな。
門の上の龍や、彫刻や建築物がまあ壮麗だとこと。

ところで、台湾の「ファミマ」は、歴史的建造物のそば(というか、中)でも、茶色に変身しなくてよいのでしょうか?

海の神:媽祖廟が祀られている天后宮@鹿港観光
ここにも八角形の天井裏が。
こうした神々の支えがあったから鹿港は栄えたのかもしれません。

海の神:媽祖廟が祀られている天后宮@鹿港観光
「門前町」といった趣の商店街でB級グルメをむさぼるのも楽しいでしょう。

7.店じまいが早いかも!?古市街

店じまいが早いかも!?古市街@鹿港観光
新たに復元された赤煉瓦の歩道と旧式の町並みがノスタルジックです。

ガイドブックには「細い道だが小物や伝統玩具を売る屋台も出て、たくさんの観光客でにぎわう」と書いてありました。
が、みんなのそらが訪問したときは、夕方だったのですが、店じまいしているお店が多く。
古都のにぎわいを楽しみたければ、日の高いうちにおでかけしましょう。

8.鹿港含む台湾旅の観光地図

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です