象山遊歩道から、台北101の夕焼け(夜景)を見てきた(台湾)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

カラフルな小龍包をいただいたあとは、象山に登り、夕暮れ時の「台北101」を見るのです ̄ー ̄)ノ”




1.象山自然歩道のアクセス(行き方)

2.夕焼けが美しかったので、象山から「台北101」見学

3.象山駅に向かいながら「台北101」のある夜景を堪能

4.台湾観光ざっくり地図


1.象山自然歩道のアクセス(行き方)

象山自然歩道のアクセス(行き方)
象山にアクセスするには、何通りかの行き方があるようです。
「みんなのそら」は、台北捷運(MRT)淡水信義線「象山駅」にあった案内に従い「2番出口」から外にでました。

象山自然歩道のアクセス(行き方)
カエルさんがたくさん描かれているオブジェが、壁に飾られていました。
「象」じゃないんだ(* ̄ー ̄*)

象山自然歩道のアクセス(行き方)
「象山」までは、あちこちに看板がでているので、迷うことはないでしょう。
どっちに行っても「象山歩道」にでるようですが、近い「霊雲宮」をチョイスしました。

象山自然歩道のアクセス(行き方)
上の看板の前から歩くこと15分。
象山歩道の下にたどりつきました。
この階段をひたすら、ひたすらひたすら登っていきます。

2.夕焼けが美しかったので、象山から「台北101」見学を

小龍包を食べ、のんびりし過ぎたのか、象山登山の途中で、太陽が沈んでいきましたヽ( ̄ー ̄ )ノ
階段の入口から15分ほど登り、景色のよい開けた場所にでたので、これ以上先に行くのを諦め、夕焼けの台北101を眺めることにしました。
たぶん、山頂にはたどりつけていません。
自分が象山のどこにいたのかすら、わかっていません(; ̄ー ̄A

夕焼けが美しかったので、象山から「台北101」見学を
刻一刻と変わっていく空の色を眺め

夕焼けが美しかったので、象山から「台北101」見学を
台北101と夕焼けの空のコラボを堪能しました。

もう少し暗くなるまでここにいて、夜景も眺めたかったのですが。
サンダル履きで、肌が露出している、かかとや足首に蚊がやってきては、刺していき(*ノ-;*)
猛烈にかゆくて、かゆくて耐えられなくて、象山を降りることにしました

夕方に象山を訪問する方は、虫除けスプレーだとか、蚊取り線香など「蚊から身を守るもの」をもっていくことをおすすめします。

3.MRT象山駅に向かいながら「台北101」のある夜景を堪能

蚊に刺さされた「かゆみ」で、叫びたい激しさを抑えつつ、きた道を「象山駅」へ向かいます。
「みんなのそら」は、持参していた親指サイズのライトで、足下を照らしつつ下山です。
象山に夕焼け、夜景を見に行くなら、足下が暗いので、懐中電灯をもっていきましょう♪♪

金曜の夜だったせいか「夜景をみよう」と、階段を登ってくる数組とすれ違いました。
なので、人影がなく怖いという印象はなかったです。

MRT象山駅に向かいながら「台北101」のある夜景を堪能
象山駅までの道で、ポストと一緒に「台北101」を撮ってみた。

MRT象山駅に向かいながら「台北101」のある夜景を堪能
象山駅まで降りてきて、今後はバスと一緒の「台北101」。

「みんなのそら」は、台北101の足下に行ったことはあっても、台北101にのぼったことはありません。
眺めているだけで、満足でした(* ̄ー ̄*)

4.台湾観光ざっくり地図

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です