ウルンダヌブラタン寺院で、5万ルピア紙幣の11層のメリなどを観賞(バリ島)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

タナロット寺院を出発して、世界遺産「タマン・アユン寺院」を観賞し、本日の宿泊地「ジャティルイの棚田」へ行く前に、「ウルンダヌブラタン寺院」に立ち寄りました。
50,000ルピア紙幣の絵柄にもなっている「ブラタン寺院」は、紙幣になっている景色以外にも見どころが満載でした( ̄▽+ ̄*)




1.仏塔がっ!バリ・ヒンドゥー教の寺院なのに?

2.ウルンダヌブラタン寺院の敷地中には、さらにお寺が

3.50,000ルピア紙幣の「ウルンダヌブラタン寺院」はこれ!

4.「ウルンダヌブラタン寺院」への行き方/ツアーなど

5.「ウルンダヌブラタン寺院」の料金は?

6.バリ島観光のざっくり地図


1.仏塔がっ!バリ・ヒンドゥー教の寺院なのに?

ウルンダヌブラタン寺院で、50,00ルピア紙幣の11層のメリなどを観賞(バリ島)
駐車場にレンタルバイクを置き、寺院へ歩いている途中に「仏塔」が目にはいってきました。
「はて?ウルンダヌブラタン寺院は、バリ・ヒンドゥー教の寺院のお寺のはず。どうして、仏塔があるのさヽ( ̄ー ̄ )ノ」と首を傾げていました。

ウルンダヌブラタン寺院で、50,00ルピア紙幣の11層のメリなどを観賞(バリ島)
仏像が埋め込まれていますし「卍」も彫られていますし。

気になったので、日本に帰ってきてから調べました。
現在のバリ島は、人口300万人の93%がバリ・ヒンドゥー教徒なのだそうです。
バリ島には、ヒンドゥーとともに仏教も伝わり、バリ土着のアミニズムと合わさって、バリ島独特のバリ・ヒンドゥーという宗教に発展しました。
なので、宗教的な調和のために、こうした仏塔がある寺院もあるのだとか。

2.ウルンダヌブラタン寺院の敷地中には、さらにお寺が

これもあとから調べたのですが。
ウルンダヌブラタン寺院の中には、いくつかの寺院が点在しています。

ウルンダヌブラタン寺院で、50,00ルピア紙幣の11層のメリなどを観賞(バリ島)
写真の右側が「PENATARAN AGUNG TEMPLE」

ウルンダヌブラタン寺院で、50,00ルピア紙幣の11層のメリなどを観賞(バリ島)
こちらが「DALEM PURWA TEMPLE」など。
他にもいくつかの寺院があります。

▼詳細は「ウルンダヌブラタン寺院」の公式サイトで確認を
http://ulundanuberatan.com/

観光客は中には入れずに、外から見学します。
だからなのか、服装はタンクトップ+短パンなどの方もいらっしゃいました。
ただ、服装規定がなくとも、バリ島の神様のいらっしゃる場所なので、肌の露出は避けた方がよいかと。

ウルンダヌブラタン寺院で、50,00ルピア紙幣の11層のメリなどを観賞(バリ島)
ちなみに、池、湖につきものの、アヒルさんたちがバリ島にもいました( ̄m ̄*)
バリ島のアヒルさんたちは、鮮やかな色をしてますね。
もしかすると、このアヒルさんに乗り湖に漕ぎだせば11層のメリのそばにいけちゃうかも知れません。
湖畔で写真撮影をしている世界中の人々を、敵にまわしそうですが(苦笑)

ウルンダヌブラタン寺院で、50,00ルピア紙幣の11層のメリなどを観賞(バリ島)
入口を龍が、奥を虎が守ってます

ウルンダヌブラタン寺院で、50,00ルピア紙幣の11層のメリなどを観賞(バリ島)
ゴミ箱にも「メリ」が描かれています( ̄口 ̄∥)

3.50,000ルピア紙幣の「ウルンダヌブラタン寺院」はこれ!

ウルンダヌブラタン寺院で、50,00ルピア紙幣の11層のメリなどを観賞(バリ島)
そして、バリ島のお金「50,000ルピア」に描かれている「ウルンダヌブラタン寺院」が見える場所にやってきました。
小雨が降ったりやんだりで、生憎のお天気でしたが。
やはり、ここから見る「ウルンダヌブラタン寺院」が、いちばん美しいかな?

ウルンダヌブラタン寺院で、50,00ルピア紙幣の11層のメリなどを観賞(バリ島)
お花と一緒の姿もなかなかです。

4.「ウルンダヌブラタン寺院」への行き方/ツアーなど

「ウルンダヌブラタン寺院」へは、公共交通機関(バスなど)ではいけません。
レンタルバイク、カーチャーターなどで観光しましょう。

▼数は少ないですが「ウルンダヌブラタン寺院」を含む現地ツアーもあります。
【VELTRA】ウルン・ダヌ・ブラタン寺院を含む現地ツアー

▼大人数なら「カーチャーター」のほうがよいかも?
【VELTRA】ガイド付き貸切チャーター

5.「ウルンダヌブラタン寺院」の料金は?

ウルンダヌブラタン寺院で、50,00ルピア紙幣の11層のメリなどを観賞(バリ島)
ツアリスト(外国人)だと、大人【50,000ルピア】でした。
東南アジアのあちこちにある「外国人料金」のようです。
バイクの駐輪代は【2,000ルピア】

▼詳細は「ウルンダヌブラタン寺院」の公式サイトで確認を
http://ulundanuberatan.com/information/

6.バリ島観光のざっくり地図


※続々更新中※

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

2 thoughts on “ウルンダヌブラタン寺院で、5万ルピア紙幣の11層のメリなどを観賞(バリ島)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です