ラパ・ヌイ島(チリ)/Rapa Nui Island (Chile)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

「モアイ像」で知られるラパ・ヌイ島。
日本では、ラパ・ヌイ島は、「イースター島」と呼ばれていますが、それは、1722年の復活祭の日にオランダ海軍によって発見されたためです。
そんな名前より、現地語名を優先させたいです。

ラパ・ヌイ島(チリ)/Rapa Nui Island (Chile)

ラパ・ヌイ島の海に、空と雲とが映っています。

モアイ|ラパ・ヌイ島(チリ)/Rapa Nui Island (Chile)

ラパ・ヌイ島のモアイは、部族のリーダーがなくなった時にたてるお墓のようなもので、自分の土地のほうをむいているそうな。
部族のリーダーのお墓なので、例えば7体並んでいたら、7代まで栄えたということです。

周囲約60キロほどの小さな島に、約900体ものモアイさんが残存しているそうなヽ( ̄▼ ̄*)ノ

帽子をかぶったトンガリキのモアイさんたち
帽子をかぶったモアイさんたちは、けっこう貴重なようで、お会いできて嬉しいです

ラノ・カウの火口湖|ラパ・ヌイ島(チリ)/Rapa Nui Island (Chile)

「ラノ・カウ」の火口湖に映る空と、海とリアル空^^

モアイの石切り場だった「ラノララク」
さまざまな工程の、モアイさんになるであろう巨大な石たちが残されています。

どうして、このようなことになったのか?
世にでることのできなかったモアイさんたちが、悲しい。

ラノララクの正座する子供のモアイ|ラパ・ヌイ島(チリ)/Rapa Nui Island (Chile)

正座をする子供のモアイの向こうに、空と海とが。
彼は、上を見ながら、いったい何を反省しているのでしょうか?

トンガリキのモアイ|ラパ・ヌイ島(チリ)/Rapa Nui Island (Chile)

15体モアイが並ぶトンガリキ!圧巻(* ̄∇ ̄*)
1960年のチリ沖大地震津波によってアフもモアイも押し流されたのですが、1991~95年に日本のクレーンメーカーの協力により修復されたそうな。
日本人が、こうした遠く離れた土地でお役にたてているのが嬉しいですね。

絶海の孤島ラパ・ヌイ島の夕暮れ(チリ)/Rapa Nui Island (Chile)

日没前の陸の孤島「ラパ・ヌイ島」の光のカーテン
雲の合間から太陽光線が発せられました

オロンゴ岬|ラパ・ヌイ島(チリ)/Rapa Nui Island (Chile)

鳥人伝説「オロンゴ岬」の夕暮れ
「ラパ・ヌイ島」というとモアイが知られていますが、鳥人伝説も大切な文化です。

古来、島の人々は鳥人の姿をしたマケマケという神を崇拝し、春になるとこのオロンゴを舞台に「鳥人儀礼」と称される鳥人を選ぶ儀式が行われました。
各部族の従者が、沖合の小さな島=モツ・ニュイに渡り、海鳥がその年に最初に産み落とす卵を持ち帰ったものが、新たな鳥人になったそうな。

やはり、絶海の孤島だけあって独自の文化が育ったのでしょう。
モアイを見ているだけでも楽しいですが、背景にあることや、島の文化を知ると、よりモアイさんが素敵に見えました。

Rapa Nui island is known for “Moai”.
In Japan, Rapa Nui island is called “Easter Island”.
Because it was discovered by the Dutch navy on the day of the 1722 Easter.
I want to give priority to the local language name.

The sea of Rapa Nui Island has the sky and the clouds on the surface.

Moai of Rapa Nui Island are like a grave,when the leader of the tribe die.
They face their own land.
Because they are the tomb of the tribal leader, for example, if 7 body are there, they flourished up to 7 generations.

On a small island of about around about 60 km, about 900 moai have remained.

Moai’s our Tongariki wearing a hat
Moai’s who wearing a hat, it seems quite valuable, I’m glad to meet them.

And sky reflected on the crater lake of “Llano Cow”, the real sea and sky.

Moai stone quarry “Ranoraraku”.

Huge stone who will become moai have been left.
Why has become such a thing?
I’m sad to see wreckage of Moai.

We can see the sky and the sea beyond the children of moai to kneel.

Does he, while looking at the top, they will continue reflect what the heck?
Would he have been reflecting on what?

15 moai body are lined Tongariki! Masterpiece.

By 1960 Chile Earthquake tsunami,Af and moai were also swept away.

It seems to have been restored in 1991-95 years pursuant to the cooperation of the Japanese crane manufacturer.
I am happy that Japanese play role in these distant land.

Curtain of light before sunset.

Birdman legend “Orongo cape” in the dusk
“Rapa Nui Island” have been known for moai, but Birdman legend is also important culture.

Own culture grew up there.

2015年2月5日

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

One thought on “ラパ・ヌイ島(チリ)/Rapa Nui Island (Chile)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です