上海の一人旅の食事!B級グルメも【おすすめは?】実食19大集合(南京3食含む)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

「上海」と言えば、夜景もよいですが、上海蟹に、中華!と、グルメ、食事にも期待がつのります。
そこで、上海一人旅で食した全食をシェアします。
上海グルメ旅を志すあなたのお役にたてれば嬉しいです(* ̄ー ̄*)



【1食目】汉堡王(バーガーキング)で、ワッパーを@上海浦東空港

バーガーキング(上海@中国)
早朝5:00AM着のLCC(ピーチさん)に乗って、上海にやってきました。
SIMを交換し、WIFIのセッティングをしつつ、「リニアモーターカー(Maglev)」の始発待ちです。
日本のワッパーより、香辛料が強く「中国の味」がしました。

▼上海のリニアモーターカーにのったお話
http://sky-over-the-head.link/?p=2493

【2食目】マクドナルドでお粥!?@陸家嘴駅

マクドナルドでお粥!?@上海
地下鉄2号線「陸家嘴駅」の歩行デッキにあったマクドナルドで、10時のおやつ(笑)
「ハンバーガー」のイメージの強いマクドに、お粥がありました( ̄ー ̄;)

【3食目】蟹黄灌湯包@豫園

蟹黄灌湯包@上海
上海っ子たちが、肉まんのようなものに、ストローをさして飲んでいる(食べている)のが気になり、管理人もチャレンジしました。
「蟹黄灌湯包」といって、中にスープがはいった肉まん的存在。
上海っ子たちを観察し、真似たのですが、スープが外にあふれてしまいましたヽ( ̄ー ̄ )ノ

【4食目】エッグタルト@南京東路駅

エッグタルト@南京東路駅
ひとつ1元(約20円)というお値段に惹かれ、購入したエッグタルト。
値段なりの満足感を得ることができました♪

【5食目】海老いため定食@南京東路駅

上海のローカル食堂で夕ご飯
南京東路駅の近くにあった、指差し注文ができるローカル食堂で夕ご飯。
海老炒め定食(?)30元(約600円)でした。
メインの海老の炒め物は、味が濃くて、ご飯がすすみ、スープは薄味でした。
ご飯とスープの器の模様が、凝っていました。

【6食目】果物と地元ビールで、ひとりお疲れ会

中国ビール「雪花」で、ローカルな果物屋さんで購入したフルーツ
海外にでたら、その国産のビールを飲むようにしています。
この日は中国ビール「雪花」で、ローカルな果物屋さんで購入したフルーツ(20元/約400元)で、ひとり乾杯。
って、この日、1日で6食食べてますね(苦笑)

【7食目】鮮肉○包@南京東路駅そば

鮮肉○包@南京東路駅そば
駅から宿までの道に、行列のできている肉まん屋さんがありまして。
1個1.5元なので、食べてみました。
肉汁がじゅじゅっとしておいしゅうございました。

【8食目】羊肉の串焼き@七宝老街

地下鉄でいけるミニ水郷「七宝老街」で食べ歩き(上海/中国)
ここから、上海中心エリアから地下鉄でいける水都「七宝老街」編です。
「七宝老街」には、羊肉を様々な料理方法で提供するお店があったので、名物なのかもしれません。
ハーブをたっぷりかけているので、獣臭さはあまりありません。10元(約200円)。

▼地下鉄でいけるミニ水郷「七宝老街」でB級グルメを食べ歩き
http://sky-over-the-head.link/?p=2569

【9食目】レトロさにうっとり!湯圓@七宝老街

地下鉄でいけるミニ水郷「七宝老街」で食べ歩き(上海/中国)
上品な甘さの餡が、白玉もちに包まれていました。
味もさることながら、レトロでラブリーなお店の内装にうっとりでした。

【10食目】豚さんのお鼻@七宝老街

地下鉄でいけるミニ水郷「七宝老街」で食べ歩き(上海/中国)
「豚の鼻(※もしかすると、猪の鼻かも?)」が、まんまのカタチで売られていて衝撃を受けました( ̄口 ̄∥)
中国の方は、ほんとうに鳴き声以外は豚さんの全てを食べてしまうようです。

地下鉄でいけるミニ水郷「七宝老街」で食べ歩き(上海/中国)
数秒迷って、切ってもらって食べました

【11食目】パンダチーズタルト@田子坊

パンダチーズタルト@田子坊
実は管理人、パンダ好きです。
中国にきたからには、パンダさんグッズを何かゲットしたいと思っていました。
そんなときに、パンダチーズタルトを発見しました(8元/約160円)

パンダチーズタルト@田子坊
お顔とボディを並べてから、いただきました

【12食目】蒸し蟹+上海の糯米焼売など@豫園

「小吃広場(フードコート)」で夕ご飯

豫園商城には、何軒か、フードコートがありまして。
何ヶ所か扱っている食べ物を観察してから、このお店をチョイスしました。
「蒸し蟹」「上海の糯米焼売(お肉のかわりに、醬油味の餅米がはいってます)」「青菜の炒め物」を選択。

自分の好きなものを、好きなだけ持ってこれるっていいですね。
蒸篭の一番の上にのっているものを、管理人がとると、係員のおかあさんが「こっちもっていきな」という感じで、温かい下の蒸篭を渡してくれたり。
上海、あったかいですヽ( ̄▼ ̄*)ノ

カニは「22元」とかいてあり、「3匹で22元なんてお得!」と思っていました。
レジで精算したときに、予想より少々高くて「あれ(ー”ー;)」と思ったら、カニさんは1匹22元で、3匹66元とられていました。あー。
全部で118元(約2,360円)

【13食目】油條@南京東路駅

油條@南京東路駅
台湾でも、香港でも食べそこね、ずうっと憧れていた『油條』
ひとつ4元(約80円)だった気が・・・
きなこ、砂糖がついてない学校給食の揚げパンの味がしました。

【14食目】麻婆豆腐定食風に@上海駅

麻婆豆腐定食風に@上海駅
中国版新幹線(高速鉄道)で南京に移動する前に、フードコート「快餐世界」で朝食をいただきました

麻婆豆腐定食風に@上海駅
ご飯を頼むに「ライス」がわかってもらえず、なかなかでてこず、でてきたら丼にてんこ盛りで( ̄m ̄*)
本場中国で麻婆豆腐をいただけて大満足
お店をでるときに「シェイシェイ」と微笑みかけたら「ありがとー、バイバイ」と声をかけてくれました。
中国が大好きになりました。

【15食目】カフェラテ@Pacific Coffee

カフェラテ@Pacific Coffee(上海/中国)
中国や香港のスタバ的存在であろう「Pacific Coffee」でカフェラテをいただきました。
カフェラテ1杯が、ローカル食堂だと、定食や麺類がいただけるお値段します。

【16食目】生もの!お寿司@陸家嘴駅

生もの!お寿司@陸家嘴駅
陸家嘴駅地下でテイクアウトして、上海浦東空港でいただきました。
日本食お寿司!ですが、各地独特の具がのったお寿司が存在します
上海では、黄色が「たくわん」のようだった以外は、サプライズはありませんでした。

【南京1食目】お粥セット@肯德基


お粥セット@肯德基(南京/中国)
肯德基は、中国語の「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」です。
中国ではマクドのみならず、ケンタでも「お粥」を食べることができます。
ケンタでも「お粥」と「油條(を模した何か)」とがセットになってました

【南京2食目】焼うどん?@夫子廟


焼うどん?@夫子廟(南京/中国)
南京にもフードコートがあって、シンプルに焼うどんをいただきました。
あまりお客がいなかったためか「これも美味しいよ」というような勧誘がすごかった。

【南京3食目】鸭血粉丝汤+小龍包@回味HUIWEI@南京駅


鸭血粉丝汤+小龍包@回味HUIWEI@南京駅

南京駅にあった「回味HUIWEI」さん(あとで調べたら、チェーン店のようです)で、南京名物「鸭血粉丝汤」をいただきました。
鸭血粉丝汤+小龍包@回味HUIWEI@南京駅
「鸭血粉丝汤」は、春雨スープで、内臓などが具としてはいっていました。
番号札をもらったので、席に座ってじいっと待っていたら、その番号札は小龍包用でして。
「ん?」と首をかしげていたら「スープはカウンターにとりにいくんだ!」とスタッフさんに、身振り手振りで教えてもらえました( ̄Д ̄)ノ

全19食、よく食べました。
上海、南京は一人でもご飯を食べることができる場所、指差し注文できるお店が多く、また、他人のことを気にしない大雑把なお国柄もあり、気軽にひとりご飯を楽しむことができました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です