はじめての海外旅行!一人旅におすすめの国、エリアは?

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

管理人のはじめての海外旅行一人旅は「フィリピン」でした。
※ピースボートはのぞく※

今から思うと、どうしてそんな難易度高めの国を選択したのか・・・
と、言う訳で管理人が旅した国、エリアで「ここは初めての海外一人旅におすすめ」と思った国、エリアをピックアップしました( ̄^ ̄)ゞ
旅するごとに、追加をしていきます



はじめての海外一人旅におすすめ【台湾】

九份(台湾)/Jiufen (Taiwan)管理人が、台湾を初めての海外一人旅におすすめする理由は・・・

1.日本人が目立たない

台湾をはじめての海外一人旅におすすめする理由
台湾の方たちは、日本人と同様の「東洋人」です。
基本、黒髪×黄色人種なので、日本人と外見上の見分けがつきにくいです。
管理人は台湾を旅していて、大きな荷物を抱えているにも関わらず、ごくごくふつうに、現地の言葉(たぶん)で話しかけられました。
ふつうにしていたら「外国人」と目立ちません。
「目立たず、カメレオンのように現地にとけこむ」のが、一番のセキュリティなのです!

2.公共交通機関が発達している

BRTに乗って嘉義駅へ
台湾で、主な交通手段と使うのが「電車」「バス」の気がします。
日本から台湾に行くと台北なら「松山空港」「桃園空港」のどちらかに到着します。
松山空港からは電車、桃園空港からはバスに乗って台北駅に行くことができます。
高雄なら、高雄駅まで電車です。

公共交通機関が発達していないと、タクシーや、トライシクル(アジアの三輪車)に乗ることになります。
観光客慣れしたドライバーさんと、価格交渉しなくてはなりません。
ぼられる可能性大です。
とられるのがお高めの料金だけなら「よい経験」と思えなくもないです。
身の危険にさらされる可能性があり、旅慣れて、相手を見抜ける能力がつくまで、個人営業の乗り物は避けたほうがよいです。

その点、台湾だと電車やバスでまわれる観光地が多いので、安心です(* ̄∇ ̄*)

3.漢字圏!会話ができなくとも、筆談ができる!

海外に旅にでるようになって、何より必要な語学が「現地の方がわかる発音で、地名を言えること」ということに気がつきました。
フィリピンで「バターン」と言っても分かってもらえず、たまたま日本語のわかる方に逢え「バタアアン」と発音するんだ!と教えていただきました。

台湾の地名に関しても同じことが言えまして。
台北は「たいほく」ではなく「たいぺー」
高雄は「たかお」ではなく「がおしゃん」です。

って、電車やバスの切符購入するときに、発音できますか!?
そんなときに頼りになるのが「筆談」です。
駅名、バス停の名前などは漢字です。

メモを用意しておいて「高雄 自強 15:30 大人1 ○○元」など、「May I have this ticket?」と言って、メモを差し出せば、何とかなります。
漢字圏に生まれ育ってよかった!と思いました。

4.「悠遊カード(EASYCARD)」といったプリペイドカードが便利

管理人にとって、外国のお金はどれも「こども銀行」に見えてしまいます。
少額硬貨と、高額硬貨との見分けがつきません。
台湾には、日本で言う「SUICA」「PASMO」にあたる「悠遊カード(EASYCARD)」があります。
これで、電車の改札口は通過できますし、バスも乗れます。
セブンイレブン、ファミマなどのコンビニの支払いもかんたんです。
レジの前でおろおろせずに、快適な旅を楽しめます。

はじめての海外一人旅におすすめ【香港】

シンフォニー・オブ・ライツへ(香港)/To Symphony of Lights (Hong Kong)
香港は、台湾より土地が狭い分、公共交通機関が行き渡っている面積が広いです。
夜ひとりで歩いたって、危険な感じはしませんでした。

続く

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です