小琉球をレンタルバイクで観光(台湾/高雄)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

「Little Okinawa」という名に惹かれ訪れた、台湾高雄から日帰りできる離島「小琉球」。
この島は、最初は台湾本島から離れており、まるで海上に流れ出た「球」が浮かんでいるように見えたとのことで「琉球」と名付けられたそうです。
後に、日本の沖縄が中国大陸との交易を始め、こちらにも「琉球」の名が与えられると、同名の不便が生じ、面積が小さいこちらが「小琉球」と改められました。

「ぼくたちのほうが先に『琉球』って名のったんだぞ( ̄Д ̄)ノ」などと言わないのが、謙虚ですよね
海と自然の織りなす地形が美しい島でした。




高雄⇔東港⇔小琉球へのアクセス

高雄駅から、小琉球までの行き方を、ざっくり言うと
高雄⇔バス⇔東港⇔高速船⇔小琉球になります。

「國光客運」「中南客運」「高雄客運」「屏東客運」のバスがでております。
管理人は「國光客運」さんのバスで東港に向かいました。
電光掲示板をじいっと睨んでいたら「東港○○」といったバス亭がいくつか続き(ー”ー;)
人がたくさん降りるところで、運転手さんにきいたら「ここで降りるんだ」と言われ。
「Go Staright,And right」と教えていただき。
高雄⇔東港⇔小琉球へのアクセス
結局、英語と中国語と、日本語を話せるフランス人の方に、港まで連れてきてもらいました
「公」と「民」のお船がでていますが、時刻表を見て本数が多そうな「民」に乗ることにしました( ̄^ ̄)ゞ
チケットを購入するときに「パスポートを見せて」と言われたので、必ずもっていきましょう。

この日は日曜日でお日柄もよく。
たいへん混んでいたせいか、時刻表なんてなんのその、お船はめっちゃ「ピストン輸送」してました。

高雄⇔東港⇔小琉球へのアクセス
30分ほどで、小琉球のに到着。
世界で一番有名なネズミさんやくまさん、ジ○リなど、うわぁなもの含むランタンが迎えてくれました。

小琉球で「電動バイク」をレンタルしました

さて、次のミッションは、レンタルバイクを借りることです。
客引きのお母さんについていったら、自転車を貸してくれようとします。
「I hava license,so I would like to use motorcyle, not bycycle」と言って、国際免許を中国語に訳した書類を提示したのですが、お店の方が、貸してくれず。
そうしたら、お母さんが、自分の原付のところに連れていってくれ「後ろに乗って」と言っているようです。
流れに沿ったら「電動レンタルバイク屋さん」に連れていってくれました。

小琉球で「電動バイク」をレンタルしました
1日400TWDで、電動バイクを貸していただけました。
電動バイクって、エンジン音がせず、揺れもせず、音や振動でバイクの機嫌をうかがえずに、慣れるまでが大変でした。
ちなみに、小琉球は、けっこう高低差があるし、暑いので、自転車だとたいへんかと。。。

小琉球の象徴!?花瓶岩

「小琉球」の象徴的存在です。

小琉球の象徴!?花瓶岩
遊歩道があって、砂浜だけでなく、いろいろな場所から「花瓶岩」を眺めることができます。

小琉球の象徴!?花瓶岩
みなさん思い思いのポーズで記念撮影中

小琉球の象徴!?花瓶岩
遊歩道を歩いていたら、建物はないのですが、神社の跡地らしきものがあり、狛犬さんのみ残っていました。

小琉球の象徴!?花瓶岩
シュノーケルを楽しんでいる方がいなくなったスキに「花瓶岩」ピンで撮影できました。
こっちの色が、本物に近いです(上は、トイカメラ風に撮影)

小琉球にきたら、ぜひ観光を!美人洞

「美人洞」の「美人」って「どんなべっぴんさんなんだ?」と、気になりますよね?
何でも、昔船に乗って漁にでた漁師さんたちを、女性たちがここで待ったそうです。
漁師さんたちが、港に戻ってくるときに遠くから女性たちを見ると、みなさん美人に見えたんだって(笑い)。

小琉球にきたら、ぜひ観光を!美人洞
岩の間から海が見えるのです。
「珊瑚礁の島」ということは、岩も珊瑚の成れの果てなのでしょうか?

8837
こちらは、岩の間から駐輪場が。
小琉球にきたら、ぜひ観光を!美人洞
小琉球は、レンタルバイクで観光されるかたが多いです。

小琉球にきたら、ぜひ観光を!美人洞
岩とか樹がお好きなら、きっと楽しめます。

小琉球にきたら、ぜひ観光を!美人洞
島めぐりバスも循環しているようなので、バイク免許もってません!自転車、体力ありません!という方でも観光できそうです

絶景の小琉球をツーリング♪

絶景の小琉球をツーリング♪
沖縄で見かける、おうち型のお墓がありました。

絶景の小琉球をツーリング♪
砲台の跡地もあり

絶景の小琉球をツーリング♪
バイクが所狭し、と並べられています。

絶景の小琉球をツーリング♪
お店が並んでいるエリア。
中国語のメニューしかなく、指差し注文もできなそうでして(ノ_・。)海鮮が食べたかったのに。

「小琉球」は、観光地ではあるのですが、英語があまり通じませんでした。
ローカルな方たちのための観光地であって、あまり外国人を気にしていない感じでした。

烏鬼洞

烏鬼洞
道が狭そうな洞窟

烏鬼洞
「ゆけゆけ川口浩」が、頭の中にまわります。

奇岩がたっぷり!厚石裙礁

奇岩がたっぷり!厚石裙礁
こんな海沿いの道を電動レンタルバイクでツーリング。
ちなみに台湾は右側通行です(* ̄∇ ̄)ノ
→台湾をレンタルバイクで旅する方法

日本でも、フィリピンでも、タイでも、世界のどこにいっても、やっていること同じです。
奇岩がたっぷり!厚石裙礁
紅番石。
「紅番」は中国語で「インディアン」のことだそうで、確かにインディアンっぽいですね。
ファミリーのお父さんが、中学生くらいの娘さんにインディアンと(遠近法で)キスをさせ、写真を一生懸命撮っていました(苦笑)。

奇岩がたっぷり!厚石裙礁
インディアンさんを逆からみたところ

小琉球からの帰りの高速船「2時間半待ち」でした

さて、最終の船が18:00くらいだったので、余裕をもって16:00くらいに港にもどってきました。
そうしたら、ものすっごい行列でしてΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

小琉球からの帰りの高速船「2時間半待ち」でした
しかもなかなか行列が前に進みません。
よく見ていると、ファミリーのどなたが並んでいて、他の方はお店などで涼をとり、順番が近くなると、列に戻ってきています。
ぼっち旅の管理人の代わりに並んでくれる方などいるはずもなく
しょうがないので、本読んだり、スマフォいじったりしながら、待ちました。
小琉球からの帰りの高速船「2時間半待ち」でした
ただ、待っている間に、沖縄に旅をしたことのあるファミリーが話しかけてきてくれまして。
英会話を楽しむことができましたヽ( ̄▼ ̄*)ノ
アルクさんのヒアリングマラソンで英語学習に励んだので、その甲斐がありました。

嬉しいことに、高速船、時刻表無視で、ひたすら、ひたすら「ピストン輸送」しているようでして。
港についたら、お客さんを降ろして、待っていたお客さんを積んで、即、出発!って具合で、がんばっていました(* ̄ー ̄*)
最後のほうは、小琉球にくるお客さん、ほとんど乗っていませんでした。
それでも、小琉球から帰るお客さんがいる限り、船をだしているようでした。

そして、待つこと2時間半、やっとお船に乗れましたとさ。
混む時期の週末に小琉球を訪れるのでしたら、午後にきて、1泊して翌日の午前中に帰る!と混雑と無縁に快適に過ごせるかもしれません、

その後、バスに乗って、無事に高雄に戻ってきました。

▼大鵬湾国家風景区恆春半島の観光に/観光情報ネット
http://www.dbnsa.gov.tw/user/Article.aspx?Lang=3&SNo=04001976

2016年5月15日

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です