嘉義の観光スポット【半日コース】(台湾/嘉義市)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

1日目:嘉義駅→奮起湖→阿里山泊
2日目:阿里山でご来光見学→トラブル発生→烏山頭水庫公園(八田與一銅像)→嘉義駅

と、1泊2日で阿里山観光を満喫しました。
「でも、嘉義観光してないよね?」と気がつき、半日かけて、嘉義を散策することにしましたd( ̄◇ ̄)b
日本ゆかりの場所も多く、新しい発見の連続でした。
主に徒歩で散策して、帰りには「嘉義客運BRT」という乗り物にのって嘉義駅に戻ってくる半日コースです。




1.朝ご飯を食べたら、お皿がキティさんでした

2.中央噴水池円環には、KANOのピッチャー

3.森林之歌

4.檜意森活村

5.嘉義公園

6.BRTに乗って嘉義駅へ

7.【地図】嘉義の観光!おすすめスポット


1.朝ご飯を食べたら、お皿がキティさんでした

朝から管理人においしい朝ご飯を食べさせてくれるお店を物色し・・・
朝ご飯を食べたら、お皿がキティさんでした@嘉義
台湾も、香港ほどではないのですが、道に突き出た看板がすてきです。
指差し注文ができそうな「微風」さんというお店にはいることにしました

朝ご飯を食べたら、お皿がキティさんでした@嘉義
三明治の「○肉」(お肉のサンドイッチ)+アイスコーヒーを注文したら、こんなのきました。
だいだいの予想でメニューを選び、でてきたものを粛々といただきます。
玉子とハンバーグと野菜のホットサンドイッチでした( ̄m ̄*)

台湾のサンドイッチ、すごくおいしいのです。
で、食べたあとに、気がつきました。

お皿がキティさんでした。
キティさん、異国の地でもがんばっているのです。
元気をもらいました( ̄ー ̄)o゛

2.中央噴水池円環には、KANOのピッチャー

>中央噴水池円環には、KANOのピッチャー@嘉義
嘉義の交通の要所になっているロータリーです。
真ん中にいらっしゃるのは、日本統治時代に「嘉義農林野球部(KANO)」が甲子園で準優勝したときのピッチャーさんです。
最近「KANO」という映画になって、大人気になりました。
日本人ではなくて、台湾の方たちが、こうした映画をつくってくれたことに感謝です。

3.森林之歌

嘉義市文化路、縦貫鉄路と阿里山森林鉄道の間にある野外オブジェです。
森林之歌@嘉義

阿里山の藤蔓や鉄道の枕木を活用しているんだって。
森林之歌@嘉義

「卵」の中には、阿里山の神木が置いてあり、たたくと、エコー効果で「森林の歌」が聞こえるそうです。
ええ、あとから調べたので「森林の歌」きけませんでしたヽ( ̄ー ̄ )ノ

森林之歌@嘉義
たまごの中から、上空をのぞいたところ
阿里山からの林業で栄え、今も阿里山観光の玄関口であることを大切にしている気がしました。

4.檜意森活村

檜意森活村@嘉義
この辺りは、日本統治時代には阿里山から輸送した木材が集まる場所でした。
そのため「木」の産業が発展し、集落が栄えたそうです。
そして、日本政府が阿里山で伐採したヒノキをふんだんに使い「日本式の宿舎」をつくりました。
時を経て、残っている宿舎はわずかになり、荒廃していましたが、嘉義市政府の保存修復作業をしてくれ「檜意森活村」になったとさ。

檜意森活村@嘉義
手工芸品のお店や、カフェなどもあります。
ショッピングを楽しむのもよいですが、家屋を眺めているだけで、満ち足りた気分になれます。
日本人が捨てていかざるえなかったものを、台湾の方たちが、破壊せず残し、修復し、すてきな場所にしてくれました。
感謝の気持ちで胸がいっぱい。

ちなみに、映画「KANO」で映画のロケ(近藤監督の家)に使われた「故事館」もあります。
(と、あとで調べました)

5.嘉義公園

嘉義公園
広大な嘉義公園の中にも、やはり日本ゆかりの地はありまして。
嘉義公園
忠烈祠には、日本統治時代の神社が残っています
嘉義公園
手水所が残っていたり

嘉義公園
当時の社務所は、資料館になっています。

嘉義公園
狛犬さんのとぼけた顔に笑みがこぼれました。

嘉義公園
奥に見えるのが「射日塔」で、透かし彫りが風流でした。
11階、12階の展望台にのぼれ、嘉義の街を眺めることができました。

「日本を射る塔」でないとよいのですが。

6.BRTに乗って嘉義駅へ

BRTに乗って嘉義駅へ
優先レーンがあるバス「嘉義客運BRT」に乗って嘉義駅へ

嘉義駅

お腹がすいたので、台鉄弁当を。
台鉄弁当@嘉義駅
やっぱり、台湾のお弁当は茶色かった

朝ご飯を食べるために、8:00に出発して、一度ゲストハウスに戻り、チェックアウトして、荷物を預かってもらい。
駅からゲストハウスに荷物をとりにいき、お弁当食べているのが13:00過ぎです。

半日あれば、このコース観光できます。

嘉義駅は阿里山への玄関口ですが、日本との縁が深く、通過するだけではもったいないです。
少し足をのばして、散策することをおすすめします。

7.【地図】嘉義の観光!おすすめスポット

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

3 thoughts on “嘉義の観光スポット【半日コース】(台湾/嘉義市)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です