八田與一銅像と烏山頭水庫公園(台湾/台南)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

▼八田與一銅像と烏山頭水庫公園(台湾/台南) ▼

阿里山のご来光(日の出)を眺め、散策路をお散歩して、朝ご飯を食べ、さあ、レンタルバイクで出発!するはずでした。

でも、出発できませんでした。
何故なら、レンタルバイクのエンジンがかからなかったから(*ノ-;*)
ってのが、9:00AMのことでした。

レンタルバイク故障→嘉義から60km(含む、山道)はしって店員さんが!

キーをいれて、オンにしても、電気掲示板が反応しません。
何回かオン⇔オフを繰り返すと、一瞬だけ、電気掲示板に灯りが灯るのですが、すぐ消えてしまいます。

バッテリーがやられたのかしら?
セルスターターがまわらなくても、キックで始動できるさ♪と思ったら、キックがありません( ̄‥ ̄;)

困っていると、ホテルのスタッフさんが、中国語で話しかけてくれて。
中国語のわからない管理人、英語をまじえつつ(そのスタッフさんは、英語はわからないようでしたが)身振り、手振りで状況を伝えました。

軽トラがやってきて、バルタン星人みたいな器具をもってきてくれ、レンタルバイクのバッテリーに接続してくれ。
「これで解決!」と思ったのですが、レンタルバイクのエンジンはかかりませんでした。

一部始終を見ていた、スクーターできていた若いカップルの女性が、レンタルバイク屋さんに電話をしてくれ、話をしてくれ。
レンタルバイク屋さんは、中国語しか話せません。
そのカップルの女性も、中国語しか話せません。
Google翻訳で、話た内容を「中国語→日本語」に翻訳して見せてくれるのですが、とても実用できるレベルではありません。
「中国語→英語」にしてもらっても、英語がへんてこです。

ということに気がついたカップルの女性が、日本語ができる友人に連絡をとってくれましたヽ( ̄▼ ̄*)ノ

その方とFACEBOOKのメッセンジャーでやりとりをして、
「レンタルバイク屋さんが、12:00くらいに阿里山まできてくれるってさ」と伝言を受けたのが10:00過ぎ。

そして、カップルさんが出発をし、ホテルのスタッッフさんも仕事に戻り。
みなさん、お世話になりましたm(_肉_)m

管理人が寄り道したとは言え、4時間かけてきた道を、お店からでかける準備をして2時間でこれるわけないでしょ!と思っていました。
やっぱり12:00には現れず(苦笑)13:00過ぎになって、レンタルバイク屋さんが現れました。
ほんとうに山道はしって、きてくれたんだ!!ありがとうございます。

12:00過ぎてからも、日本語のできる方が心配をしてくれ「バイク屋さんに逢えた?」など連絡をくれ、心強かったです。

レンタルバイク屋さんが、少しいじったら、すぐにエンジンかかりました。わあ。
事情を説明しようとしてくれたのですが、お互いに言葉が通じず。
念のため、レンタルバイク屋さんが乗ってたバイクと交換をし「ELEVEN(23:00までに戻ってきてね)」と言い残し、去っていきました。

原因がわからない(電気をつけたまま、キー抜いた可能性もあるのですが、暗くなってから帰ってきたので、さすがに気づくかと)ので、追加料金や、出張料金がかかるかも?と覚悟をしていました。
何だか拍子抜けでした。

ってな訳で、13:30過ぎから、山下りをはじめ「烏山頭水庫」まで、Google先生曰く約100km/約2時間半を走りはじめました( ̄^ ̄)ゞ

八田與一銅像と烏山頭水庫公園

途中でスコールに降られたりで16:30くらいに「烏山頭水庫風景區」の入口にたどりつきました。

八田與一さんは何者か?と言うと、日本統治時代の日本人技師で、台湾の農業の発展に貢献された方なのです。
彼は、烏山頭に先進的なダム作り、現在でもその灌漑システムは辺りの農業で使われているそうです。
異国で大きな事業を行い、地域に貢献をし、台湾の方々に慕われている八田與一さん、ゆかりの地を見たく「烏山頭水庫風景區」を訪問しました。

が、時間が時間になってしまったので「八田與一銅像」だけは見るんだい!と、広い公園内をレンタルバイクで移動しました

貯水池ですかね?こんな大きなものを設計して、つくったんだ
八田與一銅像と烏山頭水庫(台湾/台南)

湖面近くまで歩いていけそうです。
八田與一銅像と烏山頭水庫(台湾/台南)

さて「八田與一銅像」です。
八田與一銅像と烏山頭水庫(台湾/台南)
どなたかが、お花を供えておりました。
後ろには、お墓も。
八田與一銅像と烏山頭水庫(台湾/台南)
今でも、ご自身が設計をしたダムを見守っているのでしょう。

広大な公園の敷地内には「八田與一記念館」「放水口」などもあるそうです。
いつか、ゆっくり見てみたいものです。

2016年5月12日

▼2017年4月に、八田與一氏の銅像が損壊される悲しい出来事がありました。
https://news.biglobe.ne.jp/international/0423/rec_170423_3840979428.html

損壊した方の言い分は「(八田與一氏は)日本の植民地支配を手伝った人物」なのだとか。
いろいろなものの見方があるので、そうした考えもあるでしょう。
その考え自体は否定する気はありません。

でも「銅像を損壊する」という姑息で、稚拙な手段で、自説を訴えるのはどうかと思います。

銅像は、同氏の命日である5月8日の追悼の催しまでに、修復をするそうです。
「台日友好の証」として、八田氏にはダムを見続けてほしいものです。

2017年4月23日

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

One thought on “八田與一銅像と烏山頭水庫公園(台湾/台南)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です