香港のビクトリアピーク【混雑を避ける4つの方法】

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

香港で一番有名な観光地と言えば「ビクトリアピーク」。
夜だけでなく、昼間だって絶景です。

ただ、時間やアクセス方法によっては、混雑しているのが難点です。
そこで、管理人が現地で見聞きしたビクトリアピーク事情を元に「混雑を回避する方法」をお伝えします( ̄^ ̄)ゞ




ビクトリアピークで、並ばないで夜景を見る方法

1.バスや、ミニバス、あるいはタクシーでビクトリーピークにアクセスする

「ビクトリアピーク」へのアクセス方法の王道は「ピークトラム」です。
管理人が、2016年1月に香港のビクトリアピークにでむいた時には、日曜と言うこともあり、ピークトラムに乗るまでが大変でした。

ピークトラムの入口から
ビクトリアピークで夜景観賞(香港)/Victoria Peak (Hong Kong)

「次にピークトラムに乗ります」というプラットホームにはいって、この写真を撮るまで約40分弱かかっています。
ビクトリアピークで夜景観賞(香港)/Victoria Peak (Hong Kong)

でも、ビクトリアピークへのアクセスは「ピークトラム」のみではありません。
昼間なら、ハイキングすることもできます。夜は道が暗そうなので、全力で止めます。

暗くなってからも、バスやミニバスが利用できます。

★バス:中環の交易廣場から「ファーストバス15」が6:15-翌0:15の間に7-15分間隔で運行。
所要時間:約30分
※10:00以降発のバスは、中環フェリーター埠頭の5號碼頭前が発着点

★ミニバス:中環のフォーシーズンホテル・ホンコンG/Fのバス乗り場から「ミニバス1」が6:30-23:59(日曜・祝日:〜翌0:25)の間で運行
所要時間:約30分

★タクシー:その辺で停めましょう

ちなみに管理人は、行きは、並んでピークトラム、帰りはバスでさくっと帰ってきました。
バスはたいへんすいており、窓側からどんどん低くなる夜景を楽しめましたヽ( ̄▼ ̄*)ノ

2.「ピークトラム」に個人で乗るなら、オクトバスで「チケット売り場」をスルー

せっかく香港にきたのだから「ピークトラム」で「ビクトリアピーク」に登るんだい( ̄‥ ̄)というあなたには「オクトパス」を持参することです。

夜景観賞のために、ピークトラムに乗ろうとすると
1.ピークトラムのチケットを買うための、チケット売り場への行列に並ぶ
2.ピークトラムに乗るために、行列に並ぶ
というふたつの行列に並ぶことになります。

日本で言うsuicaのようなプリペイドカードの香港版「オクトパス」をもっていると、オクトパス専用のゲートがあるので、1.チケット売り場の行列には並ばずに済みます。
ただし、チケット売り場でしか購入できない「セット割引」があります。
「お金」をとるか「時間」をとるかは、あなた次第です* ̄ー ̄)

3.「ピークトラム」に優先搭乗できる現地ツアーに参加

「ピークトラム」への行列の横に、人が2列歩けるようなスペースがありまして。
何とそこは、ツアー参加者の「優先レーン」なのです。

行列に並ばず、ピークトラム乗り場まで、直行できます。
管理人が行列中に、ガイド(?)さんに引き連れられた日本人らしき女性ふたり連れが「えっ( ̄口 ̄∥)いいんですかっ?」と、言いながら、優先レーンを通過していくのを切ない気分で見送りました(ノ_・。)

個人だと手配が厳しい「オープントップバス」と一緒になった現地オプショナルツアーもあります。
時間の短縮のために、現地ツアーに参加するのもひとつの手段です。

▼VELTRAさんだと【ひとり参加OK】の現地ツアーも
゜:*★香港マカオのオプショナルツアー予約VELTRA / Alan1.net★*:°

ビクトリアピークで、並ばないで昼間の絶景を見る方法

混雑を避け、ピークトラムに登る方法は「夜はいかない」です。

4.平日の早めの時間に訪れる


管理人は平日の昼間(10時前)にピークトラム乗り場へいったところ、たいへんスムーズにピークトラムに乗ることができました。
昨日の行列はなんだったんだヽ( ̄ー ̄ )ノ

夜昼は気にしていなくて、とにかく「ビクトリアピークに行きたいんだ!」というかたは、平日の早めの時間に足をはこぶことをおすすめします。

香港旅で「ビクトリアピーク行き」を夢見るみなさまのお役にたてれば、嬉しいです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です