大澳(香港)/Tai O(Hong Kong)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

さて、5泊6日の香港旅最終日になりました。
昂平(Ngong Ping)から「21」のバスに乗り、昔ながらの漁村「大澳(Tai O)」へ向いました。

大澳(香港)/Tai O(Hong Kong)
バス停のそばには、マングローブ生息地がありました。
この日は寒かったですが、香港は何と言っても亜熱帯ですから。

大澳(香港)/Tai O(Hong Kong)
小さな漁船がたくさん停まっています。

大澳(香港)/Tai O(Hong Kong)
平日の朝8:30くらいだからか、市場には人があまりいません(苦笑)

大澳(香港)/Tai O(Hong Kong)
狭い道をはいっていくと

大澳(香港)/Tai O(Hong Kong)
「棚屋(パンオッ)」とよばれる水上家屋が並んでいました。

でも、ここって、ひとさまのおうちですよね?
植木鉢、並んでいますし。
大澳の方たちにとっては「生活の場」であって「観光地」ではないですよね?
と、どうしたものか躊躇していたら、看板がありまして。

大澳(香港)/Tai O(Hong Kong)
この看板に励まされ「Strait ahead」しましたとさ。
大澳(香港)/Tai O(Hong Kong)
水路を船で移動し、暮らしを営んでいるのかしら?

大澳(香港)/Tai O(Hong Kong)
せんたくものー(笑)

大澳(香港)/Tai O(Hong Kong)

大澳(香港)/Tai O(Hong Kong)
みなさん「マイ船」をもっていて、それぞれのおうちに「船着き場」があるのです。

こういった水路を船でめぐる観光ボートがあります。
管理人、水路をクルーズすることを、とても楽しみにしていました。

が、船長さんと、身振り手振りで意思の疎通を図ったところ
「一人じゃだめ。10人以上集まらないと、船はだせないよー」
というようなことを言われ、バス(帰りの飛行機)の時間もあるので、クルーズできませんでした(ノ_・。)

何かの機会に、またお邪魔させてもらいましょう。

大澳(Tai O)から東桶までバスに乗り。
東桶から香港空港まで、別のバスに乗換え、空港到着。

無事に日本まで帰ってきて「5泊6日の香港旅」を終了しました。

電飾看板でギラギラだったり、上に上にのびる高層ビル群だったりも「香港」です。
でも「信仰の地」「漁村」も、「香港」なのです。

香港は狭い土地の中に、いろいろな表情がありました。
その気になりさえすれば、いろいろな表情をみることができる懐の深いエリアでした。

2016年1月26日 26 January,2016

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

One thought on “大澳(香港)/Tai O(Hong Kong)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です