シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

スコータイ歴史公園エリアで遺跡見学を楽しんだ翌日には、レンタルバイクで「シーサッチャナライ歴史公園」に出向きました。
スコータイから60km強の場所にあって、1時間くらいでたどりつけます。

アユタヤや、スコータイと同様に、町のいたるところに遺跡があります。
そして、特に重要な遺跡のあるエリアでは、外国人料金を徴収するのも一緒です(* ̄Oノ ̄*)
林の中に遺跡が佇んでいて、木漏れ日がすてきなシーサッチャナライ歴史公園でした。

シーサッチャナライ歴史公園の遺跡は、まとめてどどーんと紹介していきます。
まずは、城壁外にあった遺跡から。
※遺跡名は、近くあった看板から抜いています。
※看板といただいた地図の表記が微妙に異なるのが「タイらしさ」なのかも知れません。。。
※地図にのっていない遺跡もあります

Wat Thung Setti

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park((Sukhothai / Thailand)
落ち葉と枯れかけた葉と、影と日向と遺跡

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
門が残っていました

WAT PA KRASA

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
枝と葉の影が絵になっています。

ここから先は、城壁の中で入場料がかかります。
レンタルバイクは、駐車場に置いていかなくてはならず、レンタル自転車(30バーツ)か、電動トロッコのような乗り物(200バーツ:あとで、写真がでてきます)にのって散策をします。
気ままな遺跡見学を楽しみたい管理人は、もちろんチャリンコを借りました。
シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
この城壁の中には、どのような世界がひろがっているのでしょうか?

Wat Wi Han Noi

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
シーサッチャナライの遺跡は、何だか黒っぽい気が。
「柱」というより、丸い煉瓦の積み重ね(笑)

Wat Pra Chim Ben Cha

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)

林の中で朽ちていくのでしょうか?

Wat Sam Siew

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
木漏れ日×遺跡のコラボが好きすぎて(* ̄ー ̄*)

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
あ。さっき言っていた「電動トロッコのような乗り物」はこれのことです。
シーサッチャナライ歴史公園の中でも、特に見どころの遺跡では、降りて見学をさせてくれていました。

Wat ChediChetThaeo

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
遺跡と同化している樹を発見。
「強者どもが夢のあと」感がたまらない( ̄¬ ̄)

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
シーサッチャナライで、はじめて仏像さまを見た気がします。
シーサッチャナライでは、「仏像がなかった」訳ではなく「朽ちてしまった」ようです。

正しい順序ではないのかも知れませんが、Wat ChediChetThaeoの奥へ奥へとすすむうちに「Wat NangPharaya」へでましたとさ。

Wat NangPharaya

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
林や塀に囲まれていて、なかなか近づけません。
ちなみに階段にのぼって、仏塔のまんなかあたりに、お邪魔してきました!
何があったは、実際に足を運んでからのお楽しみ。

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
この井戸、まるっこい煉瓦でつくられています。

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
先ほどの仏塔をうしろから眺めます。
シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
こうした樹木にひっそりと守られてきたのかも知れません。

Wat ChangLom

スコータイにも同じ名前の「Wat ChangLom」がありました。
シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
でも、こちらシーサッチャナライの「Wat ChangLom」のほうが大きいです。
シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
仏塔が、象さんなどに支えられているのも一緒。
見えづらいかも知れませんが、その上に、仏像の階層があるのが違う点です( ̄ー ̄)o゛

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
象さんの胴体の中身は空洞でした。
煉瓦をまるく積み上げる技術と、崩れなさに(朽ちてはいますが)感心、感心。

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
散策中に見つけた「緑の川」。
日本だと、桜の散る季節の「桜色の川」のようなものでしょうか?

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
このような階段を、ぜいぜい言いながら登ってたどりついた場所にあった遺跡です。
そろそろ、遺跡の名前が特定できなくなってきました(汗)

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
高台になったのが幸いしてか、仏像さまが、姿をとどめていました。

160209_4913
入口と屋根が曲線なのが印象的でした。
シーサッチャナライには「家」のようなカタチをした遺跡が多く残っています。

Wat PhrayaDam

「家型遺跡(と、勝手に管理人がよんでいる)」なのですが、この「Wat PhrayaDam」は他の遺跡と違っています
シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)

屋根が凹んでいなく、まるく外側に膨らんでいました。

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)

ここで一度城壁外にでて、レンタル自転車を返却し、レンタルバイクに乗り換えました。
そして、城壁内へ向う途中、通りすがりにときめいた遺跡見学に( ̄^ ̄)ゞ

Wat KhokSingKaram

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
壁だけが残っておりました。

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
透かし彫りの奥まで、のぞけちゃうんだよ。

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
3塔の仏塔が並んでいて。
奥のほうが朽ち度が激しいのは、日当りがよいからでしょうか?

ここで「Wat KuDee Rai」にいく時に、すったもんだがありまして。
「Wat KuDee Rai」に行くには、城壁内を通過しなくてはならず(出口で停められました)、ご近所さん以外は、バイクや、車で通過しちゃいけないみたいです。
(スタッフさんも、管理人も英語があまり話せず、意志の疎通が困難でして)

「さっき買ったチケットもってるもん!」と城跡内のチケットを見せ、粘り強く交渉しました。
スタッフさんがどこかに電話をして(上司にですかね?)OKがでたようで、通していただけました。

ありがとうございました。

Wat KuDee Rai

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
「家型遺跡」のボス的存在なのかもしれません。
入口の中程に横線模様がはいっていて、凝っています。
ここの柱の煉瓦は、円形の積み重ねではなく、四角い煉瓦を積んでいます。
その違いは何なのでしょうか?

シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)
実は「Wat KuDee Rai」は、ふたごさんでした。

さあ、城壁から離れた「マハタート」へ向います。

I went to the “Si Satchanalai Historical Park” by rental motorcycle.

2015年12月13日 December 12, 2015

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

One thought on “シーサッチャナライ歴史公園(スコータイ/タイ)/Si Satchanalai Historical Park(Sukhothai / Thailand)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です