ワット・チャトゥポン(スコータイ/タイ)/Wat Chatuphon (Sukhothai / Thailand)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

ワット・シー・サワイ(Wat Sri Sawai)をあとにして、少し疲れたので、カフェでお茶をすることに。

ワット・チャトゥポン(スコータイ/タイ)/Wat Chatuphon (Sukhothai / Thailand)
晴れ晴れ、広々した南国特有のねっとりした空気で飲む冷たいラテのおいしいことといったら( ̄m ̄*)

若い頃は「あれもみたい!これも見なきゃ!わあ、時間がぁ」って、ドタバタしていました。
でも40歳を超えると。観光するにも余裕がでて「また来ればいいさ」と思うようになりました。

おトイレにいったら「WOMAN」の看板が遊行像(笑)
ワット・チャトゥポン(スコータイ/タイ)/Wat Chatuphon (Sukhothai / Thailand)

「MEN」の看板もよい味だしてます
ワット・チャトゥポン(スコータイ/タイ)/Wat Chatuphon (Sukhothai / Thailand)

スコータイ歴史公園の中にも、アユタヤと同様に主だった遺跡の他にもたくさんの遺跡が点在しています。
ワット・チャトゥポン(スコータイ/タイ)/Wat Chatuphon (Sukhothai / Thailand)
スコータイ歴史公園は、近所の子供たちの遊び場でもあるのですね。
大人になったら(今でも)、タイのスコータイで育ったことを誇りに思うんだろうなぁ。

さて、一度、スコータイ歴史公園の城壁の外にでて、南下します。

途中でレンタルバイクに、ガソリンをいれたら、ペットボトルから、緑の液体(日本のガソリンは、オレンジピンクだ)をいれてくれました。
ワット・チャトゥポン(スコータイ/タイ)/Wat Chatuphon (Sukhothai / Thailand)

大丈夫かしら(ー’`ー;)と訝しんでいたら。

新市街までの帰り道に、60km/時↑と、少々スピードをだしたところ、尋常じゃない音と煙が、排気管から発生しました。

おいおい。
60km/時に落とすと、へっちゃらだったので、大丈夫と言えば大丈夫。
スピード警報が仕組まれていたのかも知れません。。。

ワット・チャトゥポン(Wat Chatuphon)

ワット・チャトゥポンに到着。
ワット・チャトゥポン(スコータイ/タイ)/Wat Chatuphon (Sukhothai / Thailand)
遺跡の土台の煉瓦の上では、樹木が育っていました。

ワット・チャトゥポン(スコータイ/タイ)/Wat Chatuphon (Sukhothai / Thailand)
逆さワット・チャトゥポン

ワット・チャトゥポン(スコータイ/タイ)/Wat Chatuphon (Sukhothai / Thailand)
首のない仏像がいらっしゃいます。
恐らく、向って左の側面にも元は仏像さまがいらしたのではないでしょうか?

ワット・チャトゥポン(スコータイ/タイ)/Wat Chatuphon (Sukhothai / Thailand)
壁や入口であったであろう部分からのぞいてみた。
人がいるので、この遺跡の規模感がつかめるかと。

ワット・チャトゥポン(スコータイ/タイ)/Wat Chatuphon (Sukhothai / Thailand)
立像を正面から見たところ。
どこにでも、植物は育つのですね。

ワット・チャトゥポン(スコータイ/タイ)/Wat Chatuphon (Sukhothai / Thailand)
むちゃくちゃ逆光で、何とかお姿をとらえた遊行像。

ワット・チャトゥポン(スコータイ/タイ)/Wat Chatuphon (Sukhothai / Thailand)
池にうつる「逆さワット・チャトゥポン」
仏像様が映っていないのが、残念。

いったいどのようなお顔をした仏像さまがいらしたのか、何の経緯でこのような姿になってしまったのか気になりました。

Wat chedi si hong

もう少し奥にいくと「Wat chedi si hong」という遺跡がありまして。
Wat chedi si hong
正面から見たところ

Wat chedi si hong
仏塔の足下のレリーフが象さん(残骸)がいたり
Wat chedi si hong
仏像が掘られていたりで、崩れていても繊細さをうかがわせました。

The Wat Chetuphon has some Buddha statues faceless.
What face did faceless Buddha statues have?

2015年12月12日 December 12, 2015

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です