アユタヤからスコータイにVIPバスで移動(タイ)/Move by the VIP bus to Sukhothai from Ayutthaya(Thailand)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

アユタヤ遺跡を満喫して、スコータイへバスで移動します。
レンタルバイク、レンタルサイクル(自転車)を貸してもらったお店で、バスとバスターミナルまでの手配をお願いしておきました。
→【タイ旅12日間】の地図をGoogleマップで公開中

バスは、VIP、1等、2等があって、1等以上ならトイレ付きで、所要時間は、等級が高いほど短いです。
「トイレ付きならよいかしら?」と思いつつ「できるだけ短時間で移動したい」とも思い、結局「VIP」という響きに憧れ(* ̄ー ̄)VIPバスで行くことにしました。
VIPバス390バーツと、歩いていくのは困難なバスターミナルまでのトゥクトゥクを100バーツで手配していただきました。

移動のための幹線道路と、町中の生活の場を分けるためか。
または、いろいろな方(トゥクトゥク、シャトルバスの運転手さん)が潤うようにか、タイでは主要な駅やバスターミナルから、町までは離れていることが多いです。
こういう設計だと、トゥクトゥク、シャトルバスの運転手さんにお金が落ちますもの。

朝6:30に宿泊先のゲストハウス「Stockhome Hostel Ayutthaya」に迎えにきてもらう約束だったので、6:20に宿をでると、すでにトゥクトゥクが。
アユタヤからスコータイにVIPバスで移動(タイ)/Move by the VIP bus to Sukhothai from Ayutthaya(Thailand)

「タイでは電車や、バスは時間通りにこない」ときいていました。
旧泰麺鉄道に乗り、タイ国鉄のゆったり時間に「これぞタイ」と膝をうったものです。
でも、カンチャナブリーからアユタヤへのツアリストバスの運転手さんは、10分前には、迎えにきてました。
今回のトゥクトゥクの運転手さんも(眠たげではありましたが)10分前に到着していたのです。

大きなところは、ともかく、個人はがんばっているのだな、と、この時は思いました。この時は。
15分ほどで、小さなバスターミナルに到着。

アユタヤからスコータイにVIPバスで移動(タイ)/Move by the VIP bus to Sukhothai from Ayutthaya(Thailand)
カウンターや、看板が、こじんまりしていて、レトロで。
そして、トゥクトゥクの運転手さんが、バスのチケットを手渡してくれ、去っていきました。カアッ・クン・カァ。

アユタヤからスコータイにVIPバスで移動(タイ)/Move by the VIP bus to Sukhothai from Ayutthaya(Thailand)
朝焼けが美しいこと

さあ、管理人に課された次のミッションは「7:10のバスに乗る」です。
だが、しかし、7:10を過ぎてもスコータイ行きのバスはきません(ノ_・。)

豪華なバスがくるたび(VIPですもの)、あれじゃないのか?これかしら?とドキドキしながら待っていると・・・
行き先は「スコータイ」じゃないけれど「きっとこのバス」と旅人センサーが反応したバスが。

スタッフのお兄さんに「SUKKKOTHAI?(スコータイに行きますか?)」とチケットを見せながらきいたら、やはりこのバスでした。

アユタヤからスコータイにVIPバスで移動(タイ)/Move by the VIP bus to Sukhothai from Ayutthaya(Thailand)
休憩のときに撮ったものですが、VIPバス2階建てです。

アユタヤからスコータイにVIPバスで移動(タイ)/Move by the VIP bus to Sukhothai from Ayutthaya(Thailand)
バスの中は、座席が豪華な4列でした。洗濯物が干してある(笑)

アユタヤからスコータイにVIPバスで移動(タイ)/Move by the VIP bus to Sukhothai from Ayutthaya(Thailand)
VIPバスは、ご飯付きなのです。ランチボックス(ブレックファーストボックス?)がついていました。
タイのパッケージには、日本で言う「ゆるキャラ」的なものがほどこされている場合が多く、なくたってよいものにこだわる日本人と感性が似ている気がします。

さらにVIPバスなので、フードコートでのお食事もついているのです。
アユタヤからスコータイにVIPバスで移動(タイ)/Move by the VIP bus to Sukhothai from Ayutthaya(Thailand)

日本で言うサービスエリアのような場所で、休憩をとります。
そこで、チケットの半券をだすと、あら不思議、ワンディッシュご飯がいただけます。

「VIPバス」などと言うと、観光客ばかりの気がしていましたが、そうでもなく。
見たところ地元タイの方に、観光客が混じっている感じでした。
なので「みんな言わなくてもわかっているよねー」と、食券に関するアナウンスはなく(タイ語でしてたのかも知れませんが)。
事前に他の方のブログで情報収集していたので、食べ損ねずにすみました。

アユタヤからスコータイにVIPバスで移動(タイ)/Move by the VIP bus to Sukhothai from Ayutthaya(Thailand)
いくつかの選択肢があり、管理人は、恐らくビーフンがきしめんになった麺類をチョイス。
バスがいつ出発するか、わからないので、ドキドキしながらいただきました。
小心者なのです。

車窓からタイの街並を楽しみつつも、スコータイからバンコクの航空券を予約して。
タイ旅中に発売された「進撃の巨人」の新刊を、電子書籍で読んで。
イモトのwifi大活躍でした。
走っているバスの中でもつながって、感動しました。

乗っているバスの終点がスコータイではないので、降り逃さないように、多少緊張しながらのバス旅。
Googleマップで現在地と「SUKKKOTHAI」までの、だいたいの所要時間(※Google先生はたまにへんてこなことをするので要注意)、道路標識「SUKKKOTHAI 10km」などを確認しながら、自分を安心させます。

アユタヤからスコータイにVIPバスで移動(タイ)/Move by the VIP bus to Sukhothai from Ayutthaya(Thailand)

6時間くらいで、スコータイのバスターミナルへ到着
「SUKKKOTHAI」というローマ字表記が見えたときは、安心しました。

例によって例のごとく、スコータイの市街地(new city)と歴史公園(old town)は離れていまして。
シャトルバスやトゥクトゥクの英語を話せる運転手さんが声をかけてくれます。

アユタヤからスコータイにVIPバスで移動(タイ)/Move by the VIP bus to Sukhothai from Ayutthaya(Thailand)
ほんとうにこの金額でOKなのか、わかりませんが、料金表がありました。
交渉する前に、目を通すとよいでしょう。

管理人は、こうした交渉ごとが苦手なので、駅や、バスターミナルなど公共交通機関から歩いていける場所にある宿を探します。
あ、あと、明るいうちにつけるように、交通手段を選択します。
今回も、午後早い時間にスコータイ到着、バスターミナルから歩いて22分/1.8km(Google先生曰く)の「EZ ハウス (EZ House)」に宿をとりました。

ひとり旅好きで、安全に旅したくて、交渉ごとが苦手な方の参考になれば嬉しいです(* ̄∇ ̄*)

2015年12月11日 December 11, 2015

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail