ワット・マハタート(アユタヤ/タイ)/Wat Phra Mahatha(Ayutthaya/Thailand)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

はじめてのタイ旅7日目【アユタヤ観光編】です。
前日は、レンタルバイクでアユタヤ島の外側をまわりました。
この日は、レンタル自転車でアユタヤ島の内側をまわります。
→タイ旅のルートをGoogleマップで作成しました。

まずは、アユタヤの代名詞的存在「ワット・マハタート」へ。

ワット・マハタート(アユタヤ/タイ)/Wat Phra Mahatha(Ayutthaya/Thailand)
アユタヤの「ワット・マハタート」と言えば、樹木取込まれてしまった仏像の頭部で知られています。
静かな怒りを感じる表情をしています。

ワット・マハタート(アユタヤ/タイ)/Wat Phra Mahatha(Ayutthaya/Thailand)
やはりこの寺院も、ビルマ軍の攻撃によって廃墟と化してしまったそうです。
ビルマ軍(ミャンマー軍)の攻撃を受け、アユタヤ王朝が倒れたのが1767年です。

いつから、木が生長しはじめのか正確にはわかりませんが、1767年を起点とすると約250年。
250年で煉瓦を覆い尽くすくらい根がのびるのです。
植物って、すごいです。

13世紀には、たいへん重要な寺院だったそうで、この仏像の頭部のみならず、見応えのある寺院です。

ワット・マハタート(アユタヤ/タイ)/Wat Phra Mahatha(Ayutthaya/Thailand)
仏像の頭の上に、鳥さんが
不謹慎なのかもしれませんが、おもわず笑みがこぼれました

ワット・マハタート(アユタヤ/タイ)/Wat Phra Mahatha(Ayutthaya/Thailand)
周囲を囲む仏像は破壊されてしまったのですが、真ん中の大きな仏像は残りました。
大きな仏像は、その大きさ故に破壊されなかったのでしょうか?
剣が壊れそう、折れそうですよね?

ワット・マハタート(アユタヤ/タイ)/Wat Phra Mahatha(Ayutthaya/Thailand)
お花と遺跡
タイの方の独特の色彩感覚は、こうしたお花と空と遺跡の色から育つ気がします。
やっぱり、塔が斜めだ(笑)

ワット・マハタート(アユタヤ/タイ)/Wat Phra Mahatha(Ayutthaya/Thailand)
屋上には草が生えている小さな建物もあり

ワット・マハタート(アユタヤ/タイ)/Wat Phra Mahatha(Ayutthaya/Thailand)
何年もの間、アユタヤを見守ってきたであろう仏像。

ワット・マハタート(アユタヤ/タイ)/Wat Phra Mahatha(Ayutthaya/Thailand)
塔がいっぱい

「木の根にとりこまれた仏像の頭」の周りは、観光客がたくさんいます。
奥のほうにはいると、あまり人がいなくて、ゆっくり、まったり、のんびり、遺跡見学ができます。

ついでに。
「ワット・マハタート」の料金所付近にある売店は、観光地価格です。
そのへんで10バーツで購入できるお水が、20バーツしたりします。
それでも、大した金額ではありませんが。

「節約したい」方は、ドリンクなどここでなくても買えるものは、アユタヤ内の別の場所で購入することをおすすめします。

I went to the Wat Phra Mahatha,Ayutthaya synonymous.

2015年12月9日 December 9, 2015

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

One thought on “ワット・マハタート(アユタヤ/タイ)/Wat Phra Mahatha(Ayutthaya/Thailand)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です