クウェー川鉄橋【昼編】(タイ)/The Bridge Over River Kwai(Thailand)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

映画「戦場にかける橋(▼予告編)」の舞台とされた「クウェー川鉄橋」

前日は、電車(旧泰麺鉄道)に乗ってクウェー川鉄橋を渡ったのですが、この日は歩いて渡ることにしました。

第二次世界大戦中には、補給をするため、あるいは補給を断つために、この橋をめぐって攻防が繰り広げられたそうです。
それが、今ではすっかり観光地になっています。
クウェー川鉄橋【昼編】(タイ)/The Bridge Over River Kwai(Thailand)
クウェー川鉄橋駅から、クウェー川鉄橋方面を見るとこんな感じ。
タイの方や、欧米の方などみなさんにこやかに、記念撮影をしています。

いよいよ「クウェー川鉄橋」へ
クウェー川鉄橋【昼編】(タイ)/The Bridge Over River Kwai(Thailand)
手前の円形のアーチ部分は、オリジナルで当時の面影を残してるそうです。

当時の方たちは、どのような思いでこの橋を渡ったのでしょうか?
当時の方たちが、命をかけて守ろう(補給をたとう)とした橋を、笑顔でわたれるというのはよいことなのでしょう。
クウェー川鉄橋【昼編】(タイ)/The Bridge Over River Kwai(Thailand)
橋を渡り終えて、クウェー川鉄橋駅方面を見たところ

クウェー川鉄橋は、破壊され、戦後、日本の戦後補償によって修復されました。
こうした橋を観光資源として使うのは寛容であり、したたかでもあります。

橋のたもとに降りてみました。

クウェー川鉄橋【昼編】(タイ)/The Bridge Over River Kwai(Thailand)
このような場所から、クウェー川鉄橋を攻撃するタイミングを狙っていたのでしょうか?

クウェー川鉄橋【昼編】(タイ)/The Bridge Over River Kwai(Thailand)
言葉がわからないので、どのような経緯なのかはわかりませんが、中国の方たちの慰霊塔がありました。

そんなこんなをしているうちに、電車が橋を通過する時間になり
クウェー川鉄橋【昼編】(タイ)/The Bridge Over River Kwai(Thailand)

予定時刻より遅れて(笑)電車がやってきました!!

クウェー川鉄橋【昼編】(タイ)/The Bridge Over River Kwai(Thailand)
電車からも記念撮影しているし
クウェー川鉄橋【昼編】(タイ)/The Bridge Over River Kwai(Thailand)
もちろんクウェー川鉄橋からも電車とともに記念撮影を

「クウェー川鉄橋」を含む「泰麺鉄道」は多くの方の犠牲をだし、第二次世界大戦中に日本軍が敷設しました。
軍事目的でつくられた鉄道ですが、今では観光資源となっています。

橋のたもと(駅の線路向い)にある駐車場のお店の上には、建設当時の写真がならんでおり「ミニ博物館」となっていました。
クウェー川鉄橋【昼編】(タイ)/The Bridge Over River Kwai(Thailand)

「クウェー川鉄橋駅」から歩いて5分くらいのところに、泰麺鉄道建設で犠牲になった全ての方たちを慰霊する「カンチャナブリー慰霊塔」があります。
「クウェー川鉄橋」とともに、ぜひとも訪問をしてほしい場所です。

「クウェー川鉄橋」を笑顔で楽しむのもよいですが、犠牲になった方たちがいることを知ったほうがよいですし、知ったからには忘れてはならないです。

During World War II, for the supply, or in order to cut off the supply, the battle has been waged on this bridge.
It has completely became a tourist destination.
It is good to enjoy with a smile the “The Bridge Over River Kwai”.
It is better to know that there are people who were killed, don’t forget it.

2015年12月7日 December 7, 2015

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

2 thoughts on “クウェー川鉄橋【昼編】(タイ)/The Bridge Over River Kwai(Thailand)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です