クウェー川鉄橋フェスティバル(タイ)/River Kwai Bridge Festival(Thailand)

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

きっかけは、カンチャナブリ駅に停車していた(そして試運転していた)SLでした。
クウェー川鉄橋フェスティバル(タイ)/River Kwai Bridge Festival(Thailand)
「何故、日の丸?」と思っていたら、写真を撮影していた大人の日本男子たちが教えてくれました。

あのSL(C5615)は、戦前に日本でつくられたもので、今日のお祭りの劇のなかで走る
お祭りには屋台もでて、クウェー川橋建設の劇が300バーツで見れる
お祭りでは、花火やレーザーショーもある
あのSLの兄弟が、日本に里帰りをして「靖国神社(C5631)」では展示され「大井川鐵道(C5644)」では走っている
偶然お祭りの日に、カンチャナブリーにいるのはすごい!よかったらお祭り、行ってみたら?

▼クウェー川のお祭りは、調べてみると、これのようです。
→River Kwai Bridge Festival
英語のサイトだと、開園時間だとか、花火の時間がわかりません(涙)

宿(ポン ペン ゲストハウス (Pong Phen Guesthouse))から歩いて30分弱なので、ひとまず「クウェー川鉄橋」にでかけることにしました。
ちなみに「クウェー川鉄橋」は、第二次世界大戦中に「戦場にかける橋」の元となった史実のあった場所です。

▼Bridge On The River Kwai, The (original Version) – Trailer

♪サル ゴリラ チンパンジー♪は「戦場にかける橋」からきていたのだと、はじめて知りました。
「イギリス人やアメリカ人から見ると、歴史はこう見えるのね」と、参考になります。

宿泊先のゲストハウスがタイのランタンでライトアップされてキレイ(* ̄∇ ̄*)
クウェー川鉄橋フェスティバル(タイ)/River Kwai Bridge Festival(Thailand)

さて、会場について19:30開始のショーに間に合って、19:30くらいにチケット買って席に座り、待つこと約20分(笑)
やっとはじまりました。

はじまりのアナウンスでは、英語で「戦後70周年のメモリアルに・・・」と言っていたようなのですが、それ以外はほぼタイ語のみでして。
クウェー川鉄橋フェスティバル(タイ)/River Kwai Bridge Festival(Thailand)
「クウェー川鉄橋」建設に関わった国の国旗でしょうか?

ちなみに、手前の円形の鉄橋が、建設当時のままで、奥の四角いものは、のちに修復されたときにつくられたものです。

言葉はわからないのですが「戦場にかける橋」の世界観で劇は進行していき、日本人としてはいたたまれなくなります。
「橋ができました!なところで先ほどのSL(C5615)が登場。

クウェー川鉄橋フェスティバル(タイ)/River Kwai Bridge Festival(Thailand)

その後、連合国側の攻撃にあって、橋は壊れてしまいます。
そして、戦争が終わって、花火や、レーザーショーになりました。
クウェー川鉄橋フェスティバル(タイ)/River Kwai Bridge Festival(Thailand)

第二次世界大戦当時、タイはどこの植民地でもなく独立国でした。
「泰麺鉄道」がタイ国内で建設されたので、戦闘に巻き込まれたのであって。

毎年、11月末から12月上旬にこの「River Kwai Bridge Festival」は開催されているようです。
それは、国王の誕生日が近いからなのか、『日本国軍隊のタイ国領域通過に関する協定』をタイ=日本間で締結したのが1941年12月11日だからなのか。
日本人にあまり知られていないところで、日本人が関わった史実に関するお祭りが開催されていることに、衝撃を受けました。

この劇をみて、タイ人は何を思うのでしょうか?

I went to the “River Kwai Bridge Festival”.
During World War II, Prisoners of War built the the “River Kwai Bridge”
Thousands lost their lives during the construction.
So the “River Kwai Bridge” was called “Death Railway”.

2015年12月6日 December 6, 2015

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

One thought on “クウェー川鉄橋フェスティバル(タイ)/River Kwai Bridge Festival(Thailand)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です